あの有名なカフェ・コンスタンにて外食論

                            

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ

 

パリって外食がまずいのですよね。

2210126436_fc9440124f_m

そんなことを言うといろんなひとから怒られそうだけど、

でも日本の豊かな外食ライフと比べたら、まずいと言えると思います。

だからといってべつに食べられないものなんてほとんどないし、

そこそこのお金を出せばちゃんとおいしいものがもちろん食べられます。

そこそこのお金でというのはたとえばメイン一皿3000円くらいで、

あーおいしいおいしい……しかし最後ちょっと飽きてくるな、

という感じ。

それだけ払ってもちょっと塩辛かったりもの足りなかったりもしょっちゅう。

日本で3000円出せばコースが食べられて、

失望したり、失望するけど自分の中で折り合いをつける、

なんてことはほとんどないと言っていいでしょう。

 

たまにパリでも1500円くらいのメインでうわあ安いと思ったりしますが、

日本で1500円のランチなんてサラダとメインとデザートコーヒーまで、

おまけにサービス最高・店内清潔でフルコースだと思います。

 

お金を払うのだから対値段で見てしまうのは当然で、

日本に生まれ育ってしまった私には、

パリの外食なんてどこも支払った金額をずいぶん下まわってる、

と思えてしまってなかなか

「外でご飯食べよ!」

っていう気にならないのです。

 

個人的には自炊の方が浪費しないうえに舌も満足します。

しかし外食にお金を使うというのはたぶん友人とか家族とか恋人とか、

誰か好きな人間と待ち合わせて一緒に食べてしゃべるしゃべる、

ご飯は誰かべつのひとが作ってくれて皿も洗わなくていい、

という、その時間を買うということなのでしょう。

もちろん食べ物屋で食べ物はおいしくあるべきなのだけど、

パリだから、ここはパリですから、

外食はほとんど場所代なのだと思ってます。

とにかくパリでは誰かと一緒でなければ外食はしないことにしてます。

 

そういうわけですから外で食べるときはお店はずいぶん慎重に選びます。

私べつにグルメでも山岡でもなんでもないので、

人様から得る情報やら雑誌の特集やらネットの口コミやらに100%頼ります。

良いってみんなが言ってたところに疑いもなく行くのです。

さ、有名なカフェ・コンスタンですよ!

IMG_20140227_132548_1-1024x768

 

来るのは3回目です。

お昼が16ユーロ、とパリにしては格安、でも味がレストラン並み、

という、口コミを見て来たのが最初です。

12時からだけど早く来て並ばないといけない、と聞いていましたが、

一度も並んだことありません。

さっさと入ると、一階と二階どっちがいいかと訊かれます。

日本人だらけ、とも聞いていていましたが、そこまででもありません。

地元のおばあちゃんたちとか老夫婦が70%くらいを占めている。

 

ランチのセットは平日だけ。

前菜とメインか、メインとデザートかの二択。

一品ずつ頼むと前菜11ユーロメイン16ユーロくらいなので27ユーロ。

メイン一皿分でランチが食べられるわけだから、ランチは相当お得です。

 

この日は田舎風パテが前菜。

なんのパテなのかは……

繰り返しますが山岡じゃないので食べてもよくわかりませんでした。

おいしかったです、

とは言いますが、私はそもそもパテがイマイチな人間なのでごめんなさい。

IMG_20140227_122329-1024x768

 

おいしい、ワインに合う、と、友人が言っておりました。

 

ここは前菜がおいしくて、え、メインなの?と思うくらいボリュームもあり、

デザートがだいたい7ユーロで、

しかもパティシエがいないのか特筆すべき味でもないということを考えれば、

ぜったい前菜とメインを選んだ方がいいです。

でもこの日は前回・前々回の前菜や、

人びとがブログなどにアップしている写真と比べると少し見劣りするというか、

ボリュームもあんまりないような……

日本人客が増え、メインまで食べきれない

という事例が発生しまくったために前菜を減らしたのか?

と考えるうち、やってくるメイン。

IMG_20140227_125713-1024x768

ランチの料理名が書いてある黒板は、

常連風じいちゃんの頭に隠れてよく見えなかったので

読みもせず完食しました。

名前長いしね……

「牛肉ソテーしてジャガイモを添えて」

まで見えたけど、そんなの料理見たらわかるからべつに読まなくても!

とてもやわらかい牛肉です。

あとジャガイモとオリーブ。

というかフランスに来てから硬い肉にはまだ出会ったことがありません。

これもそんなにボリュームあるわけじゃなかったです。

……日本人に合わせてきているのか?と思わずにいられない。

 

それにしたってパリでこの二品食べようと思ったら倍はしそうです。

これで16ユーロはめったにない、ほんとうに貴重です。

だからここが有名なのはよくわかる。

店員は仕事が早くて感じもよいし、なにより英語が通じます。

一週間パリに旅行にきたら私も食べにくるでしょう。

 

でもメイン、ちょっと塩辛かったんです。

フランスでは料理が塩辛いなって、しょっちゅう感じます。

そんなとき、私は夢から覚めたみたいにハッとしてしまうのです。

この辛い料理に私は3000円くらい払ってるわけだけど、

家で野菜スープでも煮込んだ方がおいしいと思ってるのに、

そのことに気づかないふりをしてるのはいったいなぜなんだろうって。

ほんとうはみんなそう思ってるんじゃないの?

ともかく日本人は、

これだけ払った価値ないなって思ってるんじゃないの?って。

 

味が薄くても甘くてもちょっと焦げててもなんにも思わない、

でも料理が塩辛かったときだけはふと我に返ってしまい

ちょっとむなしい気持ちになるのです。

 

なんかごめんねカフェ・コンスタン……

しょっぱいのイヤなんですよ……

 

いや……いやいやいや、

私、三唱しますが山岡じゃないのでグルメのことってよくわかりません。

あるいは今日はシェフが小龍包か鍋のネギでも食べて

舌を火傷したのかもしれない。

だってほら、

IMG_20140227_132303-1024x768

ヴィクトリア&ベッカム夫妻も来店されたようですよ!ほら!

 

とフォローしたところですぐ近くのエッフェル塔まで腹ごなしに散歩。

IMG_20140227_133311_1-1024x768

 

え、これって桜なの?梅じゃない?いや梅じゃないでしょ、

と友人と言い合います。

今桜がもう咲いてこの状態ってことは

四月になったらもうあとかたもないのでしょうな。

 

友人とおしゃべりしながらランチして、

それからちょっと歩いたらエッフェル塔で、

完全にフライングしたテヘヘな桜も見られる。

もうちょっと歩いてあとでまたコーヒー飲んだり、

ていうことも含めるとやっぱり外食悪くないかもしれませんね。

うん、16ユーロ、いいですよ。パリだもの。

 

あ、あとこんなこというのアレなんですが、山岡、美味しんぼですよ。

この前スティーブン・スピルバーグ知らないひとがいたので、

可能性を一応。

有名だと思い過ぎることは過信につながるのだ。

 

Cafe constant

139 rue saint dominique 75007

01 47 53 73 34

営業時間 8h00-23h00 ※食事は12h00-14h30 19h00-23h00

予約は出来ません。

メトロ8番 Ecole Militaire

 



にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ