バストアップや肩こりに!小胸筋マッサージ

                            

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ

 

日々とんでもない爆弾・ボディを目にする機会のある

ヨーロッパ・ライフでは、グラマー路線へのあこがれは不思議と

日本にいたときよりも減っているのでした。

なんていうんでしょうか、こういうの……あきらめ?

いや、あきらめてはいない!

でも信じがたいようなボディが何気なく道を歩いている環境では

目標の方向転換というか、たとえばアジア人が金髪にあこがれても

天然の金髪になることは出来ないから、それならば持って生まれた

黒髪をきれいに手入れすることに集中した方がいい、みたいな。

金髪に染めるより、その方がより美しくなれるのではないだろうか。

 

つまり、我々にはほんとうに大きな胸が必要なのだろうか?

てことです。

もっと大切なことがあるのではないだろうか?

それは美しい胸であること。

大きくて美しければもちろんそれに越したことはないですよ

でも二兎追う者は……と申しますので、どちらを優先するかと言えば

まず美しいことではないでしょうか。

美しいバストの条件はなんといっても、垂れてないこと。

今までは、とりあえず全体を底上げするために

大胸筋ばかりを必死に鍛えていたのですが

それだけではバストアップには不十分なのだそう。

 

胸を垂れさせない、引き上げるための筋肉「小胸筋」。

現代人はこの小胸筋が固く縮こまっていることが多いのだそう。

これは肩甲骨につながる筋肉で、縮こまった状態だと

肩甲骨の動きが悪くなるし、猫背になり、肩もこるし、呼吸も浅くなる。

278017185_25efba5769

 

そしてバストも垂れてしまう……と悪いことずくめ!

とくにパソコンを使うことが多いだとか、腕を前にした状態が続くと

縮こまりやすいのだそうです。

この小胸筋は鍛えることもいいかもしれませんが

それより縮こまっていることが問題なので、マッサージをして

ほぐすことが 、まずは大事なのだそうです。

私としても、これ以上筋トレに割く時間が増えると

サボりがちになるのがこわいのでマッサージだけですむならば

そのほうがありがたいというものです!

 

小胸筋の場所は胸の上部から鎖骨のすぐ下あたりまで。

肩側よりの鎖骨下の一点、胸上部二点を結んで二等辺三角形になる感じ。

4417021463_569d471281

 

ここを指でぐりぐりするだけでけっこうほぐれるそうです。

大胸筋の下にある筋肉なので少し強めにマッサージします。

ただし毎日こまめにやらないとダメなようなので、美容はなんでも継続が大事。

 

もちろん大胸筋は鬼の形相で鍛えています!

最近すっかり尻に集中していたのですが、ここらでバストアップも

気合を入れなおさないといけません。

というわけで、先週からぐりぐりしつつ大胸筋を必死で鍛え続け

筋肉痛で動くのもつらいのが嬉しくて仕方ない、もう変態。

 



にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ