バスト Archive

バストアップや肩こりに!小胸筋マッサージ

  日々とんでもない爆弾・ボディを目にする機会のある ヨーロッパ・ライフでは、グラマー路線へのあこがれは不思議と 日本にいたときよりも減っているのでした。 なんていうんでしょうか、こういうの……あきらめ? いや、あきらめてはいない! でも信じがたいようなボディが何気なく道を歩いている環境では 目標の方向転換というか、たとえばアジア人が金髪にあこがれても 天然の金髪になることは出来ないから、それならば持って生まれた 黒髪をきれいに手入れすることに集中した方がいい、みたいな。 金髪に染めるより、その方がより美しくなれるのではないだろうか。   つまり、我々にはほんとうに大きな胸が必要なのだろうか? てことです。

離れ胸を寄せたい!二週間で前向きバストに

  この前、友人が「胸が離れているのがイヤだ」と言いました。 「そっぽを向いていて、なんだかすごく淋しい気持ちになる」と。 それを聞いたとき、私はすごく懐かしい気持ちになりました。 なぜなら私も昔は離れ胸にすごく悩んでいて、ビッグサイズならまだしも べつにビッグでもない普通なのに離れ胸ってなんだよ…… とやさぐれた気持ちになったものなのです。 その離れ胸がかつては身近な問題であったはずなのに 「懐かしい」と感じるのは、それが今では完璧に解消されたから。 これほどまでに何か、身体的なコンプレックスが 「完璧に」「簡単に」「副作用もなく」「半永久的と思えるほどに」 解消されたことなんて、他にはちょっと思いつきません。 私がそう言うと、友人は「宗教か」と疑っていましたが 宗教色一切ありません。ツボも買わなくてよろしい。

身体から良いにおいがしてバストアップするツボ

  ツボって、実はその仕組みを理解してないにもかかわらず、 なんでだかその効果は信じ続けています。 押してみたら効果がある気がしたというだけで、 実際は、押した!→頭痛治った!みたいなあからさまな結果は 未だ体験したことがないのに不思議です。 ところがひとつだけ「あ、ツボは効果あるのかも」 とはっきり思えることがあります。   何年か前に吉本興業のシルクさんというひとが、 胸の谷間をこするとグレープフルーツのにおいがする、 と言っていてちょっとブームに(たぶん)なったことがありました。 TVではシルクさんの胸の谷間をちょっとさわったひとが、 「ほんとうだ!すごいグレープフルーツ!」

バストアップのためにぜったい必要なもの

  欧州に住んで、大きな胸の女性を見る機会は格段に増加しました。 同じ女であっても大きな胸のひとがいるとつい見ちゃったり、 それだけでなく、なんだかうれしかったりもする…… でも同時に、やっぱりどこかコンプレックス的なものも芽生えたりして、 この辺がちょっと矛盾していますが、それほど胸と言うのは ……まあ、重要なポジションなのですよ!    ◆なにはともあれ筋肉である   一般の東洋人に西洋人のようなボリュームは非現実的なので、 私の現実的な目標はワンサイズアップしきれいなかたちの胸になる、です。 胸は基本的に太れば大きくなるし痩せればちいさくなる。 でも二の腕のときに書いたように脂肪と筋肉はもちろん別物なので、