自己管理 Archive

なぜ? 日本にだけ存在する「化粧は身だしなみ・マナー」問題

私はメイクに関してはわりと弱いというか、気が向いたときにしかやってこなかったので技術的にも情報的にもあまり記事にできるようなものではありません。ただ断っておきますが、「もののけ姫メイク」に関してだけはほかのどんな女の人よりも頻繁に衝動に駆られ実行しているため、ハイクオリティーでアーティスティックなアレをお届けすることができると自負しております。   清潔なだけじゃダメ? どうしてメイクが身だしなみなのか   「気が向いたときにしかやってこなかった」というのは日本にいるときもそういうスタンスでいたということです。メイク水準が定食並みに日替わりな私に対し、苦笑していた人も多かったのかもしれません。しかし私は「化粧はマナー」が社会常識とされていることをずっと奇妙に感じていました。私にとって化粧というのは単純に個人的な喜びであるべきで、いったいどうしてマナーとつながるのか、どうしても理解できなかったのです。メイクが好きな人は毎日する、好きじゃなかったり時間のない人はしなくていい、じゃどうしてダメなんだろう? とわりと真剣に考えてきました。 私にとって身だしなみとは、「毎日入浴し清潔にする」「髪を健康に保ち整える」「爪が汚れてない」「アイロンのかかったシャツ」「靴を磨く」みたいなことで、メイクはそのラインを「超えていってる」と思うのです。メイクと男性が歯を磨いたり髭を剃ることを同じようにとらえる人もいますが、これはまったく別の話です。そもそも時間もお金も、かかるコストが全然ちがう。 メイク自体は5分で済んでも、顔を洗う→化粧水→乾かす→美容液をつける→乾かすなんてやってたら優に30分は時間取らないといけないわけで、小さいお子さんがいたり、旦那がちょっと小うるさいというような人には大変な労力に思えます。それに「化粧はマナー」論争では「顔色が悪いと失礼」といわれることも多いですが、毎日化粧をするとよほど肌の強い人でないと顔色が悪くなります。特に唇と瞼は色素が沈着しやすいので黒ずみがちです。 ちなみに私の日常的な化粧はまずなによりもこの世の悪を凝縮した光線である「紫外線」をカットするためのものなので、ミネラルファンデかミネラルサンスクリーンパウダー、ミネラルチーク、紫外線カットつきリップクリームがベースになっています。日本でもこの3点セットだけは毎日塗っていたので、私が「きちんと化粧をしてない」と批判されたときはこれでは不十分と判断されたということだし、仮にこの3点セットを塗っていなければ批判はさらに多かったのかもしれません。 →ミネラルファンデーションで4月のUV対策! →肌に優しいチークを選ぶべき理由 シミ対策や輪郭の悩みに →ジェーン・バーキンも愛用! Dr.ハウシュカのこれ1本でOKリップクリーム   なぜそんなに「他人の口紅」が気になるのか  

手書き手帳のメリット!デジタルより目標が達成しやすい理由

あけましておめでとうございます。 まだギリギリ正月でしょうか。しかしフランスはともかく日本も年々正月休みが短くなっている気がします。これは単に子供のころの冬休み気分が大人になってなくなったからそう感じるだけなのだろうか。