メンタル Archive

なぜ? 日本にだけ存在する「化粧は身だしなみ・マナー」問題

私はメイクに関してはわりと弱いというか、気が向いたときにしかやってこなかったので技術的にも情報的にもあまり記事にできるようなものではありません。ただ断っておきますが、「もののけ姫メイク」に関してだけはほかのどんな女の人よりも頻繁に衝動に駆られ実行しているため、ハイクオリティーでアーティスティックなアレをお届けすることができると自負しております。   清潔なだけじゃダメ? どうしてメイクが身だしなみなのか   「気が向いたときにしかやってこなかった」というのは日本にいるときもそういうスタンスでいたということです。メイク水準が定食並みに日替わりな私に対し、苦笑していた人も多かったのかもしれません。しかし私は「化粧はマナー」が社会常識とされていることをずっと奇妙に感じていました。私にとって化粧というのは単純に個人的な喜びであるべきで、いったいどうしてマナーとつながるのか、どうしても理解できなかったのです。メイクが好きな人は毎日する、好きじゃなかったり時間のない人はしなくていい、じゃどうしてダメなんだろう? とわりと真剣に考えてきました。 私にとって身だしなみとは、「毎日入浴し清潔にする」「髪を健康に保ち整える」「爪が汚れてない」「アイロンのかかったシャツ」「靴を磨く」みたいなことで、メイクはそのラインを「超えていってる」と思うのです。メイクと男性が歯を磨いたり髭を剃ることを同じようにとらえる人もいますが、これはまったく別の話です。そもそも時間もお金も、かかるコストが全然ちがう。 メイク自体は5分で済んでも、顔を洗う→化粧水→乾かす→美容液をつける→乾かすなんてやってたら優に30分は時間取らないといけないわけで、小さいお子さんがいたり、旦那がちょっと小うるさいというような人には大変な労力に思えます。それに「化粧はマナー」論争では「顔色が悪いと失礼」といわれることも多いですが、毎日化粧をするとよほど肌の強い人でないと顔色が悪くなります。特に唇と瞼は色素が沈着しやすいので黒ずみがちです。 ちなみに私の日常的な化粧はまずなによりもこの世の悪を凝縮した光線である「紫外線」をカットするためのものなので、ミネラルファンデかミネラルサンスクリーンパウダー、ミネラルチーク、紫外線カットつきリップクリームがベースになっています。日本でもこの3点セットだけは毎日塗っていたので、私が「きちんと化粧をしてない」と批判されたときはこれでは不十分と判断されたということだし、仮にこの3点セットを塗っていなければ批判はさらに多かったのかもしれません。 →ミネラルファンデーションで4月のUV対策! →肌に優しいチークを選ぶべき理由 シミ対策や輪郭の悩みに →ジェーン・バーキンも愛用! Dr.ハウシュカのこれ1本でOKリップクリーム   なぜそんなに「他人の口紅」が気になるのか  

伝説的写真家ビル・カニンガム 「美を追い求める者は必ずや美を見出す」

3週間ほど前のことになりますが、6月25日に、ファッションフォトグラファーのビル・カニンガムが亡くなりました。87歳でした。 個人的にちょっと寂しい出来事だったので、部屋でこっそり故人のご冥福をお祈りしました。 87歳の訃報というのは20歳のそれとは違い、一般的には自然なものとして捉えられます。でもたぶん多くの人が彼の人生は特殊なものだと思っていて、安らかな眠りを祈る気持ちと、何だかひとつの時代が終わったような、焦りに似た気持ちを感じたのではないでしょうか。ニューヨーク在住の人にはとくに寂しいでしょう。さすがのおしゃれセレブ、サラ・ジェシカ・パーカーは追悼の意をこめて、カニンガムのいないニューヨークのストリートは何かが変わってしまうかも、というようなことを(意訳)言っています。 Child. SJPさん(@sarahjessicaparker)が投稿した写真 – 2016 6月 25 7:17午前 PDT   泣く子も黙るアナ・ウィンターも黙る  

美人になる近道はコンプレックスが教えてくれる!あらゆる美容のスタート前に

今日は「方向性の見定め方」について書こうと思います。 なにそれ? いえね、つまりこういうことです。 私はこのように美容(と麻婆豆腐)に関するブログを書いているわけですが、毎回すべての女性に向けて記事を書いているわけではありません。もちろん自分に関係ない主題でも面白く読めればいいなと思いながら書いてますが、「情報」ということに限っていえばすべての人に有用というわけではないのです。 それはなぜかといえば、人それぞれ目指すべき方向性というのが違うからですね。   ◆風呂に140分入る時間のある人は限られている 女性が(男性も)きれいになるためには、いろいろな方法で攻めていく必要があります。食事、ワークアウト、スキンケア、メイク、姿勢矯正や歯のケアとか、あとは心構えなんかも大事ですね。どこに重点を置くかは各々違うでしょう。 一日にどれだけ美容に時間を割けるかというのも個人差があります。以前雑誌で、美容系の仕事をしている女性たちのスキンケア方法や独自の美容方法の特集というのを読んだんですが、あるエステサロンを経営している女性は「やっぱりお風呂美容は欠かせません」ということで、   「まず髪を洗ってトリートメントをつけたら、そのあいだにいったん身体の水気をふき取って全身をラップで巻きます。これだけでじわあ、と汗がにじんでくるんですけれど、それから洗い場でヒップアップ、スクワット、などストレッチをするんですね。だいたい20分くらい。終わったらラップをとって、トリートメントを流し、身体も洗います。軽く泡洗顔をしたらパックをしながら、半身浴。30分しっかり浸かって、汗をかいたらまた外に出て軽いストレッチをする、を3セットくらい繰り返し、しっかり汗をかいて代謝をうながします。だいたい入浴時間は一時間半くらい。朝はもうちょっと短く50分くらいです」   などと語られておりました。このような豪の者が存在すること自体が私のようなモノグサには信じがたいことだったのですけれど、それはさておきこの人は美容関係者だからここまでできますが、普通の会社員だと難しいんじゃないかと思います。 それにしてもここまでしている風呂の効果というのが

自己催眠・理想の美女を必要とする理由

  ついにカフェイン断ちに成功し、その多大な恩恵を受けて 大喜びで顔をぺたぺた触りまくっている9月。 喜びの一方で知人からこう言われたりもします。 コーヒー飲まない、お菓子も食べない、酒も飲まない お前、生きてて楽しいのか?って……   なんて歯に衣着せぬ物言い…… しかし私は即答できる。   楽しい。 ものすごく楽しい。   日々美肌になっていくなんて楽しいに決まってる。