フルーツ Archive

美人の朝食は万能フルーツ・アボカドで艶肌

  アボカド……「世界一栄養価の高い果物」として ギネス認定もされているあの、一見するとまるで 怪獣みたいなあいつを私が初めて知ったのは 子供のころ親戚の家にあった料理バトル漫画 もうすっかりタイトルなんて思い出せなくて残念だけど 「植物性のものだけでにぎり寿司を作る」 みたいなバトルで、トロの存在をどうしよう? となったとき 「‘森のバター’と言われるこれ!やっぱアボカドだろ!」 と両者ともアボカドを大トロに見たてて合格 ……というよなエピソードだったからには アレをわさび醤油で食べると聞いても違和感ゼロ すぐに受け入れることが出来ました。

しかし果物は必要?フルータリアンという選択

  フルーツが中性脂肪とTOXIC AGEsを増やしてしまうため 太りやすく老化しやすいというわけで美容によくないのではないか と前回書いたばかりですが、フランスのCM(肉々しいものや 油でギラギラ輝いてるものやジャンクフードや身体に悪いもののCM) では以下のようなテロップを出すことが義務化されています。   〝Pour votre santé, mangez au moins

フルーツは美容に良いのか?果糖の甘い罠

  美容についていろいろと調べるうちにもっとも複雑な問題として 私の前に立ちはだかるのは、フルーツの問題です。 フルーツは美容に良いという説と悪いという説があまりにも 飛び交い、入り乱れ、交錯し、もう、がんじがらめ。 「太るとよく言われるがそれは嘘」とか「単体で食べろ」とか 加えてあの美しくみずみずしいビジュアルと馨しい香りが 「美人になりそう」なイメージを持たせ、なんとも我々を惑わせるのです。   フランスでは日本に比べあまりにもフルーツが安いため 日本にいるときよりはずいぶんたらふく食い散らかしています。 むしろ日本にいるときにはほとんど食べなかった気がする。 砂糖断ち初期の欲求不満を満たしてくれることもあり お世話になりましたとしか言えないし、今でもなっています。