美女の条件 Archive

美人になる近道はコンプレックスが教えてくれる!あらゆる美容のスタート前に

今日は「方向性の見定め方」について書こうと思います。 なにそれ? いえね、つまりこういうことです。 私はこのように美容(と麻婆豆腐)に関するブログを書いているわけですが、毎回すべての女性に向けて記事を書いているわけではありません。もちろん自分に関係ない主題でも面白く読めればいいなと思いながら書いてますが、「情報」ということに限っていえばすべての人に有用というわけではないのです。 それはなぜかといえば、人それぞれ目指すべき方向性というのが違うからですね。   ◆風呂に140分入る時間のある人は限られている 女性が(男性も)きれいになるためには、いろいろな方法で攻めていく必要があります。食事、ワークアウト、スキンケア、メイク、姿勢矯正や歯のケアとか、あとは心構えなんかも大事ですね。どこに重点を置くかは各々違うでしょう。 一日にどれだけ美容に時間を割けるかというのも個人差があります。以前雑誌で、美容系の仕事をしている女性たちのスキンケア方法や独自の美容方法の特集というのを読んだんですが、あるエステサロンを経営している女性は「やっぱりお風呂美容は欠かせません」ということで、   「まず髪を洗ってトリートメントをつけたら、そのあいだにいったん身体の水気をふき取って全身をラップで巻きます。これだけでじわあ、と汗がにじんでくるんですけれど、それから洗い場でヒップアップ、スクワット、などストレッチをするんですね。だいたい20分くらい。終わったらラップをとって、トリートメントを流し、身体も洗います。軽く泡洗顔をしたらパックをしながら、半身浴。30分しっかり浸かって、汗をかいたらまた外に出て軽いストレッチをする、を3セットくらい繰り返し、しっかり汗をかいて代謝をうながします。だいたい入浴時間は一時間半くらい。朝はもうちょっと短く50分くらいです」   などと語られておりました。このような豪の者が存在すること自体が私のようなモノグサには信じがたいことだったのですけれど、それはさておきこの人は美容関係者だからここまでできますが、普通の会社員だと難しいんじゃないかと思います。 それにしてもここまでしている風呂の効果というのが

みんなが絶賛する松嶋菜々子主演「やまとなでしこ」を初めて見てみた

ちょっと前に、突然私は「良い声ってどんな声なんだろう?」と思って調べていました。それで声についてのエントリも書きました。

美声は顔に勝る武器・峰不二子に学ぶ声のアンチエイジングの重要性

顔の造りやスタイルも大事だけど、肌と髪がキレイなことはもっと大事なことなんだ、というのもこのブログで主張していることのひとつですが、それと同じくらい大事だなと思うのが、美しい声。

鼻の下が短いほど美人!長い人のための対策2つ

  美人の条件って、いろいろあるとは思うけど、そのひとつに挙げられるのが「鼻の下の長さ」。 鼻の下が短ければ短いほど美人なんだそうです。 思い返してみれば、自分のまわりにいたあのキレイな人もあのキレイな人もみんな鼻の下が短かったような気がする……   ◆なんで鼻の下が短かったら美人なの?   男性は「子供の顔の特長をもった女性」が好きです。 これはオスとして相手を「守らなければいけない対象」として認識するからです。本能を呼び覚ます特徴なんですね。 その特徴というのはたとえば   ■目が丸くて大きい ■鼻が小さい ■肌がキレイ