恋愛・モテ Archive

フランスのモテ服とは? 男受けの悪いファッションは世界共通だった

先日、仏ELLE誌による「私たちは大好きだけど、男性に嫌われる服装」という記事を読みました。 これは個人的に、大変興味を引かれるものでした。というのも、まずフランス人女性向けに男受けがどうのという記事を書く=フランス人女性も男受けを大変気にしている、ということになるわけですよね。あんなに天上天下唯我独尊的風情のある彼女たちが、あんなに男性よりずっと我が道を行っているフランス人女性が、男受けがどうので服装を変えたり、「私これ好きなんだけど……モテないから着られない……」みたいなことを考えたりするってことか、人間なんてみんな一緒だなあ、と思ってしまったのです。   ……と、思ったんですよね、最初の数秒は。   フランス女性はフェミニンでなくてはいけないのか   でもよくよく考えたらフランス人女性って結構男性の反応を大事にする人たちです。フェミニンであることをとても重要視していて、ファッション関係のTV番組を見ていても「そのファッションはフェミニンじゃないわ!」「フェミニンなラインにするにはこう!」みたいなアドバイスが中心になっています。とにかくフェミニンじゃないといけない。パンツは必ずヒールを合わせるように言われる。身体の線を隠しすぎると良くないと言われる。くびれを強調しろと言われる。 ほかの欧米社会の男性にとってフランス人女性のイメージは特別なものがあって、それは「フランス人女性はフェミニンで自由でセクシー」みたいな、ぽわんとアンニュイな女のイメージが先行しているところによるものだと思います。印象では、フランス人女性とイタリア人女性は熱い視線を送られやすい気がします。ブランドとして見られているというか。   フランス版モテ系ってどんなの?   日本の男受けと違うのは、フェミニンといっても直球セクシー路線に走るのがまあ正解、という傾向にあることでしょうか。あと、賢くて議論できるほうがモテるとか、求められる内面が違うために同じようにモテ系フェミニンっていっても日本とフランスではまったく違う女性像ができあがります。 私は今まで日本で10人以上の男性が「俺、政治の話をする女なんて嫌い。女がそんな話しなくていい。全然可愛くない」って言ってるのを聞いたことがあるんですが(みんなほぼ同じ台詞なのは、なにか元ネタがあるんだろうか?)、フランスだと政治の議論もできない女なんて話にならないみたいなとこありますよね。一定以上の知的レベル層に限るかもしれませんが、その知的レベルというのはかなり低く想定してよいはずです。

陣取りゲームに負けた女たち~フランスと日本の不貞のちがいとは?~

バレンタインデーですね!ヨーロッパのなにがいいってむしろチョコレートもらって食べられ……いや、砂糖断ちだった断ってるんだった―― ところでパリ市からはバレンタインデーを控え、市民のみなさんにこんなお知らせが届きました。