スタイル良く痩せるためのウォーキングの簡単なコツ

                            

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ

 

ここのところめずらしくパーティーなどが続き

楽しいのは良いのだけど夜遅くまでなんだかんだ食べちゃったり

そんなやんちゃもしていたのでずっと危機感は募っていました。

体重計には乗るの怖いから乗らずに現実から顔を背け

それでも鏡を見ないわけにはいかないからわかっちゃう

ウエストあたりに忍び寄るぽっちゃりの気配……夏を前にして!

IMG_1722jguih

 

じゃあせめて運動しよう!せめて歩こう!

とウォーキングだけは日常的に行ってきました。

時間がないときはメトロには乗らず10駅くらい歩く

時間があるときは日が落ちてから二時間ウォーキング

という方法でけっこう頑張って来たのだけど

なんだか脛が痛い……そんなに効果も感じられない……

 

なんでこんなに脛が痛いんだろう?

この脛のことはあまりに痛かったので無視するわけにはいかず

いったん中止して冷静に考えてみたら

冷静に考えるまでもなく、帰宅してからのウォーキング以外は

ヒールはないにしても普段のなんでもない靴で歩いているから。

そりゃ痛いに決まっている。

それが中に履くものがストッキングなのか靴下なのか

ものによって少しサイズが大きめだな、と感じる靴だったのです。

「大きめの靴は脛が痛くなる」

これが私が散々歩いてやっと理解した事実だとは……

 

そしてこの「大きめの靴ですでにちょっと痛めてる」からかもしれないけれど

二時間もウォーキングすると脛の痛みは絶頂に達し

最後の方はもうへろへろ、ウォーキングと呼べるような代物ではなく

雨請い、みたいな感じですかね!!地面すれすれひれ伏しそう!!

 

2

そんなわけでウォーキング用のちゃんとした

ぴっちりかっちり足にハマってなおかつソフトな靴を用意する

という基本的なところからはじめ、かつ時間を一時間に短縮しました。

二時間歩いてあんまり効果がなかったわけだけど

それはたぶん私の歩き方に問題があるのであろうから

きちんとポイント抑えて歩けば短い時間でも効果はあるのだろう

それにそもそも一日二時間て、そんな暇ないわ!

そんなの時間の使い方、軽井沢に別荘持ってる人のすることだ!

……とよくわからない怒りをよくわからない方向にぶつけ

とりあえず適当に歩いてたフォームをきちんと見直しました。

 

まず背筋はまっすぐ、肘は軽く上げて、後ろに軽く振る

そうすると足がごく自然に前に出るので骨盤を使ってる感じがする。

一時間きちんと集中して歩くようにしてから

とくに足ではなくて腰を使って歩くことを意識しました。

 

「足ではなく骨盤で歩く」というのはよく言われていることですよね。

それで腰のあたりに意識を集中させていたのだけど

なんだか「効いてるな」という実感があまりありませんでした。

そこでパリの街中でまるで不審者のごとく

様々な歩き方を試してみた結果、みるみるうちに体系が変わった

「変わった」というのは言い過ぎにしても「変わる予感のある」

「足も痛くならず」「短時間で効果のある」歩き方は

けっこう簡単だったのです、それは腰ではなく

「くびれで歩く」こと。

 

骨盤、というと骨盤に意識がいってしまうけれど

それよりもっと上の部分を軸に歩くとウエストが締まり

続けると足のよけいな肉が少し落ちてすらっとします。

「くびれ」かあるいは「くびれより少し上、胸の下の肋骨」

そこから足が生えているイメージで、ずいぶん足の長い人のイメージで

もちろん背筋を伸ばしてお尻を締めたまま歩くと

一時間でも(もしかするともう少し短くても)私にはとても効果がありました。

 

さらに、私は足の筋肉がずいぶんついていて

ふくらはぎに打つボトックス注射を真剣に考慮したこともあるほどですが

この歩き方だと足のよけいな筋肉を使っていなくて

普段もずっとこのイメージで歩くと足痩せも期待できそう。

私、ほんとうに足の筋肉は凄まじいものがあるので

一筋の光を見た……

 

こうして毎日一時間のウォーキングで

暴食三昧がチャラになった(と信じる)ので引き続き頑張って行きたい。

脛はもう今はばっちり大丈夫です。

最近パリは日が長くなってきているので

遅くに歩いても安全なのはいいけど紫外線がね……

というわけで結構遅めのウォーキング続きです。

IMG_1234

 



にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ