サンラザールで激辛料理・小四川酒家で汗と涙の送別会

                            

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ

 

ある日友人夫婦から電話が掛かって来て

ひさしぶりだなーと思いながら出たら

「明後日パリを発つ」とのこと。

え―待って待ってなにそれ!

そういうのって一か月前くらいに言ってよ!

もっと思い出アルバム作ったり色紙書いたり

鼻歌歌いながらプレゼント交換とかしたいよ!

と、電話口で駄々をこねましたが

急遽決まったことなので仕方がないと諭され

私もすぐ頭を切り替え夕食をともにすべく店を予約しました。

それがここ、サンラザールにあるcarnet de bord 小四川酒家。

IMG_3572

 

美味しいよーと友人から聞いて

一度行ってみたらあまりに人が多かったので断念した店。

今日こそ、いや今日だからこそ行くべき店。

友人夫婦は旦那さんがカンボジア出身で奥さんが中国の四川出身。

奥さんの激辛耐久度はもはや同じ人間とは思えないほどで

辛いものが好きなのではなく「辛い物しか食べない」と言いきった彼女。

この店なら喜んでくれるだろうか……

と思うのだけど、私だって入るのは初めてだからメニューをそっと開きます。

IMG_4236

 

「あ、これこれ、これは絶対頼まなくちゃ!」

と奥さんが言った、こちらのド派手な前菜からスタート。

IMG_4238

タライみたいな器に辛いタレがたっぷりと溜まり

砂肝みたいなものやウズラや野菜が刺してある串は

輪っかになった赤いパプリカでひとまとめにしてあります。

この見た目のエンターテイメント性もさながら、味も美味しい。

ひんやりして、夏向き。

この店を教えてくれた友人は

「辛さレベルを事前に訊かれるから

一番低いレベルにすれば、それが私達が美味しく食べられるレベル」

と言っていたので構えていたのですが

お店の人はレベルのことなんてまったく訊ねてくれませんでした。

全員アジア人だったし、奥さんが中国語で注文していたので

もしかしたら自動的にレベルを設定されたのかもしれません。

この串はかなり辛かったから、結構高レベルだったのかも。

 

それからメインとして頼んだこの鍋ごと出てくる炒め物。

IMG_4242

すごく美味しくて全員無言になりました。

辛いのだけどちょっと甘辛な味付けでもあり

ジャガイモが特に美味しくて争奪戦に。

ただ唐辛子も一緒に炒めてあるので

うっかり食べないように注意を払わなければいけません。

あ、写真は、前菜の串の皿を強制的に下げられそうになったので

残ってた串を鍋の上に乗せてあります、失礼。

 

そして奥さんの激辛好きばかりに言及しましたが

実は旦那さんは激辛がちょっと苦手なので

旦那さん用にこちらのあまり辛くないキャベツ鍋も注文。

IMG_4249

うっかりただのキャベツだと思っていると

ちょっとハッとしてしまうぐらい美味しくて何度も手が伸びます。

キャベツは胸が大きくなるとも言われますから

このように鍋一杯食べられるのはうれしいことです。

 

ところで旦那さんが激辛苦手なのに四川料理選ぶなんて

ちょっと配慮が足りないのでは、と思われるかもしれませんが

「私と結婚したのだから、彼はもっと辛さに慣れなければいけない

結婚とはそういうことも含めての選択である」

というのが奥さんの主張であり

旦那さんも受け入れるべく日々精進を重ねているので

彼らに店選びをまかせてもいずれ激辛料理を選ぶのです。

激辛って、愛なんですね!

 

以前記事を書いた11区の四川料理店に比べると

一品一品の量がかなり多いため(2人で一品、くらい)

こちらの店には大勢で行かれるのが良いかと思われます。

どちらの店も美味しくて今とてもお気に入りです。

パリでハズレの中華には山ほど当たりましたが

「四川料理店」に関しては今のところハズレなし!

専門性を前面に出してくるところはそれなりに自信あってのこと

ということでしょうか。

アジア料理、と銘打って寿司やらラーメンやらYAKITORIやら

そんなのが出てくる店はハズレが多いみたいに。

 

店を出た後は、私が靴ずれで足が痛かったためあまり遠くに行けず

サンラザール駅すぐ近くのカフェに入りました。

IMG_4267

 

私はこりずにモヒートを頼み

ああ、あなた(奥さん)が明後日発つなんて信じられない!

と何度も彼女に言いました。

パリで弁護士になるための研修を受けていた彼女は

とても賢くておもしろくて

いつも群れずに一人静かに座り

そんな彼女が実は若くして結婚していて

近い将来旦那さんの故郷に帰るかもしれないと聞いたのは

出会ってまだすぐのころでした。

旦那さんは明るくてお調子者で

私に軽口ばかり叩くので賢い妻によく叱られるのだけど

2人とも一度仲良くなるととことん良くしてくれる

義理人情に厚い夫婦でした。

私は「忙しい」って口にするのが好きじゃないから

なるべく言わないようにしているのだけどそれでも

最近はそう言わなければどうにもならないような状況だったので

彼らの誘いを「忙しくて」と何度か断ってしまっていて

そしたらもう明後日彼らは旅立ってしまうのです!

忙しくても仲の良い人たちとは定期的に会っておかなくちゃ

と私はこの夜モヒートでふらふらしながら決意しました。

とくにこんなパリみたいな

いろんな人がやって来ては、すぐに去っていってしまう街では。

IMG_4262

 

彼ら夫婦はカンボジアに土地を買い

そこにホテルを建設して夫婦で経営するのだそうですが

その土地購入の関係でこんな急にパリを発つことになったそう。

サンラザール駅で私達は固く抱き合い

彼女は

「ねえ、いつかカンボジアに来るときは、手ぶらで来てね。

暑いから着替えはいるけど、その他はほんとうになにもいらないの。

それで私達のホテルに泊まって、プールで泳いで過ごすのよ、いい?

そうやっていつでも再会して、一緒に過ごせるの。

大丈夫よ、会おうと思ったらいつでも会えるんだから!」

と言いました。

強い言葉を放つ彼女の身体はとてもとても華奢でちいさく

私、やっぱり、ちょっと淋しかったです、サンラザールで。

 

carnet de bord 小四川酒家

11 Rue de Budapest, 75009 Paris

TEL:183564734

メトロ:3,12,13,14番線 Saint-Lazare



にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ