睡眠中に成長ホルモンを効果的に分泌させる条件

                            

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ

 

朝起きられない病を子供のころから長いこと患っており、

7時にバチィッと目覚めてすぐにカツ丼でも食べられるような、

そんなシャッキリクッキリしたひとにあこがれ続けていました。

でもそれは私が子供のころから宵っぱりであったことが原因で、

早寝すればたぶんちゃんとすっきり早起き出来るのでしょう。

早寝は規則正しい生活の要だし、

成長ホルモンがバシバシ出ると言うゴールデンタイムに寝るには、

なにしろ22時までにはベッドに入っていなければいけないわけです。

 

しかし以前書いたこのゴールデンタイムについての疑問

もしかしたら自分なりにですが解決したかもしれない。

1569648116_38a75478c4

肌を修復してくれる成長ホルモンが出るのは、

「筋トレ後・空腹時・睡眠中」です。

 

この睡眠中に出る成長ホルモンについて、

眠っていればずっとドバドバでるわけでもなく、

「就寝後初めてのノンレム睡眠」のときに分泌されるそうです。

 

ノンレム睡眠なので深い方の眠りですね。

 

レム睡眠とノンレム睡眠のワンサイクルが90分なので、

始めの90分をどれだけきちんと眠ることが出来るかが肝心です。

 

そして大事なのはこのとき、血糖値が上がってないこと、

なんだそうです。

 

つまり就寝前に食べること、とくに血糖の上がりやすいものは、

ぜったいに避けなければならないということですね。

 

私は気を抜いてる時期は遅くても食べてしまう。

というよりも、フランスって夕食が遅いですよね。

ご飯食べに行こう、と言ってだいたい20~21時ごろだったり、

カフェで23時ごろにハンバーガーとかカルボナーラとか、

普通に食べているひともしばしば見かけます。

あれはいったいなんなの!胃悪くするだろう……

だから外食をするならばそこらへんはあきらめなければいけない。

そこらへんというのは、その日の成長ホルモンでしょうか。

 

でもこの

「初めのノンレム睡眠時に血糖値の下がった状態で熟睡」

が守られていればちゃんと成長ホルモンが出るようなので、

むりにゴールデンタイムに眠らなくていいとすれば、

外食した日はちょっと夜更かしするとかね、次の日つらいですが!

 

そもそも熟睡するためにも寝る前の飲食はよくなくて、

胃腸にとって消化活動が重労働となり睡眠に集中できないらしく、

眠りの前になにかを食べるというのはほんとうに美肌の敵。

 

ゴールデンタイムでなくてもちゃんと成長ホルモンが出るなら、

たとえば夜中に働いている人も朝ちゃんと熟睡すれば

美肌を保つことができるわけですよね。

 

それなのによく昼夜逆転だと肌荒れしやすいと言われるのは、

いろいろ原因はあると思いますが

(太陽とか体内時計とかストレスとか)

夜中に食べるとこが多い、あるいは仕事が終わってから食べる、

などの習慣がつきやすいからではないでしょうか。

胃も荒れてしまうのかもしれない。

 

でも夜中起きてて食べないまま朝眠るのって難しい。

なんだか夜って、起きてるとお腹が空くんですよね……

 

ある女優がテレビで美の秘訣は「18時以降食べない」

と言っていましたが、それはそうなのだろう、そうに決まっている……

18時までに夕食済ませるのってしかしどんな生活!

規則正しすぎる……!

だからせめて私は

就寝時間から逆算して4時間前に食事を済ませます。

大人になると年々分泌量の減る成長ホルモン、

毎夜大切にしなくては。



にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ