日本への愛がスパイス♯パリ5区ラ・ターブル・ドルフェ

                            

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ

 

パリ植物園で桜を満喫したこの日……

そうはいっても花より団子的側面もあるものですから

昼はこのすぐ近く、ランチがとっても気に入ってすでに何度か来た

ラ・ターブル・ドルフェ(La Table d’Orphée)へ。

IMG_3435

 

ランチは16ユーロで前菜、メイン、デザートまで付いてきます。

美味しくて、量もたっぷりで、お得。

 

たとえば23ユーロで前菜とメインのランチで

味もいまいちだったりするとほんとうに落ち込んで

私ってダメだなあとさえ思ってしまう……

しかもそういうことはよくあるパリ

だから美味しくてお得なランチを出してくれるお店は貴重です。

美味しかったー……って幸せな気持ちで帰れますから!

 

地元客でにぎわうお店なのですが

この日は大変良い天気であったものですから

当然地元フランス人たちはテラス席へ

私達は店内へ……日陰の中でこそ得られる安心。

IMG_3382

 

ところでこのお店の面白いところは

フランス料理に必ず何か和の要素を使っていること。

薬味であったり、ソースであったり、出汁であったり。

包丁も日本から持ってきたものを使っているそうです。

 

まず前菜は、友人はAcrasというポルトガルの鱈のコロッケ。

IMG_3359

塩漬けの魚を塩抜きしてつぶし、揚げるのだそうですが

私はこれをまったく知らなくて、ぽかんとした顔してたら

サービスの男性が親切にもひとつ味見させてくださいました……

ご親切にありがとうございます……

個人的にコロッケというよりは、ねりもののように感じました。

ねりものっぽい、と思ってしまったからか

なんだかとても親しみ深い味で美味しかったです。

IMG_3358

和ポイントはとんかつソースが使ってあること。

それにタルタルソースは少しだけ出汁のような味がしたそうです。

 

さて、まるまるひとつ味見までさせてもらったのに

それなのにべつの前菜を選んじまった不義理な私……

なぜならどうしても抗えない、かぼちゃのポタージュがあったから。

IMG_3362

ネギが乗っていてびっくり!

でもこのポタージュは「飲む」というよりまさに「食べる」という感じの

すごくボッタリとした濃いポタージュで、ネギが結構合います。

ポタージュ振興委員会(今作った)としてはたぶん

サラサラ派とボタボタ派は意見が分かれるかもしれないと思いますが

私はかぼちゃなら、どちらでも美味しいと思います。

なんだか「かぼちゃをまるごと食べてる!」という実感で満ち足ります。

 

そしてメイン。

IMG_3363

友人はまたまた鱈と、そしてホタテ。

このホタテひとつもらったのですが

大ぶりで旨味はきゅっと詰まってとても美味しかったです。

ここはいつもメインにホタテを使ったものがある気がします。

一番底にはシイタケが大量に隠れておりました。

 

私はチキンローストのサラダ。

IMG_3367

これは驚きの量で、少食な女性だったら食べきれないかも。

大好きなドライトマトが大量に乗っていたから嬉しい。

モッツァレラチーズやトマトやらで

サラダだけどバラエティーに富んでメインとして楽しめます。

 

ものすごく……お腹はいっぱいだけどデザートは……

すまねえ許して下さい食べます!!

フルーツですから!!

IMG_3378

フルーツ盛りって幸せですよねえ……

ちなみに少食な方、デザートはカフェに替えることもできるようです。

 

IMG_3374kikko

こちらがオーナーシェフのアレクシーさん(左)とオルフェオさん(右)。

 

もともとはオルフェオさんのお母さんが浮世絵などの文化に詳しく

その影響で一度日本を訪れたらあまりに楽し過ぎて……

というのが彼が日本文化を愛するようになったきっかけ。

オルフェオさんは日本で築地を訪ねたり魚のおろし方を学んだり

飛び入りで三社祭りに参加したり(飛び入りで参加できるの!?)

IMG_3368

その旅話があまりに楽しそうで、従業員が次々日本へ旅行しているようです。

 

基本的にサービスの人は英語もぺらぺらでしたが

オルフェオさんは日本語を学んで二年になるので日本語もOK

(「です・ます」調でゆっくりだと聞きとりやすいようです)。

 

IMG_3379

デリもあって持ち帰ることも出来るし

結婚式やパーティなどのデリバリーサービスもあります。

日曜日はブランチとして12時から15時まで

ビュッフェバイキングもあるそうです。

それはぜひ今度行ってみたい。

 

大学のすぐそばなので賑わってはいるのだけど

観光客は少なくて、穴場の場所です。

お店のすぐ近くにレモンタルトが有名なケーキ屋も。

IMG_3444

 

それにしてもほんとうに良い天気。

この私が出掛ずにはおられないなんてネイチャーってすごいよね……

IMG_3442

 

La Table d’Orphée ラ・ターブル・ドルフェ

5, rue de Bazeilles 75005 Paris

Tel: 01 43 36 48 10

Fax: 01 45 87 20 91

営業時間:ランチタイム・月曜-土曜12h00-15h00

ディナータイム・火曜-土曜19h30-22h30

日曜は12h00-15h00までビュッフェのブランチ

*時間外でもデリは空いているので持ち帰りだけならOK

メトロ:7番線 Censier Daubenton

 



にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ