脚に筋肉を付けずに膝も痛めないヒップアップ方法

                            

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ

 

ブラジル人のような大きくてプリプリのお尻……

そんな日本で需要があるかどうかよくわからない尻を夢見る私としてはプリプリ尻にビリビリ効くスクワットはなくてはならないものです。

→お尻は絶対上がる!やっぱり最強スクワット地獄

ところが「スクワットをやると膝が痛いので無理」という声もわりと多く、さらに「軟骨はすり減るともう戻らない」という怖い話があるために、膝が痛い人はスクワットは即中止すべきかもしれないと思いました。

早い段階で肌ではなく膝のために皇潤の世話になるのは避けたいところ!

 

ただ私も先週、不意にスクワット中に膝に負担を感じたとこがあって、それはどうしてだったんだろうとフォームを見直してみたところ

膝の向きによって膝への負担は激減するのだと感じました。

293383525_0e5cccbcf8

 

ヒンズースクワットの場合は、四股を踏むように足を広げますが、惰性でやっていると膝がわりと内側に入った状態だったりします。

このときに膝をぐっと外側にむけ、ものすごくガ二股にすると、驚くほど膝への負担が変わってくるのです。

とくに日本人女性は内股傾向があるので注意が必要です。

 

ブルガリアンスクワットに関しては、やはり膝の向きを調節し(必ず痛くない角度があります)、腰を落とすときに膝が前に出ないようにすることが膝に負担をかけないコツです。

 

そして私はスクワットはものすごーく、とくに腰を落とすときに、ゆーっくりと落とすと一回あたりの負荷が増すので、回数やセットを増やさずに、ゆっくり10回くらいにとどめておくと、膝も痛めないし効果もあがるので良いのではないかと思います。

 

ただ、膝に関しては生まれつき、あるいは過去の怪我などで、もともと弱い人がいるので、そういう人はもちろんスクワットは出来ません。

私も膝は過去に故障しかけたことがあるので、わりと怖い部位です。

だから膝にまったく負担をかけず、足に筋肉もつけず、尻だけをただプリンプリンにする運動、というと、これはヒップスラストが最強です!プリプリになります。

 

 

足を同時に鍛えたい人には向かないし、とってもキツイです。

私はどちらかというと足に筋肉は付けたくないし、腹筋も鍛えたいので、お尻とお腹を同時に鍛えられるこの運動は最高!

腹直筋を鍛える運動とされていますが、実は他のどんな運動よりも一番大臀筋に効く運動であると言われていて、真剣に鍛えれば

お尻の筋肉を肥大させられます。

そこまでではなくても「ヒップアップさせたい!」と思うならこれが最強だとか。

真剣にやればお尻が大きくなるんじゃ……フフ……とほくそ笑みながら夜な夜なやっています。

 

以前スーパーモデルのワークアウトの本を何冊か読みましたが、ストイックに鍛えている人というのは結構な割合でヒップスラストをとりいれていました。

私は膝に負担を感じた日からちょうど一週間、スクワットは10回だけにしてヒップスラストをメインに尻をガシガシ鍛えています。

回数は各々出来るだけすればよいと思いますが、私は10回、ものすごくゆっくり行い、そのあと比較的早く10回。

尻を上げきるときに、息を吐き切るのがポイントです。

上がります!ぜったい、これは上がります!



にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ