水洗顔とフランス式洗顔で脂漏性皮膚炎に?

                            

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ

 

以前フランス式洗顔について書いたときに私は

ミルククレンジンジだけで石鹸など洗顔剤を使わずにいると

しばらくすると眉間がかゆくなる、と書きました。

 

それに気づいたのころの私の目標は一切の洗浄剤をやめること。

洗浄剤によって髪と肌を傷め、美肌に必要な常在菌も

失っていると言われ、それが原因でもともと皮膚の薄い私は

気がつかないうちにひどい乾燥肌になっていったのだと

そう思い、洗浄剤をすべてやめることが出来れば満足いく

美髪と美肌を手に入れられるはずと湯シャンと水洗顔を

実行することに決めたのです。

3913206139_779509243f

 

洗浄剤を使わない美容法は湯シャンや水洗顔の他には

たとえばタモリ式入浴法やフランス式洗顔があります。

結局どれも同じことです。とにかく洗浄剤を排除する。

湯シャンはちょっとやってみて断念したと書きましたが

それは私が根性なかったからで一年続けられれば

もしかしたら素晴らしい効果を得られたのかもしれません。

でも私はその一年の間に自分が得られるものと失うものを

天秤にかけ、失うものの方が大きいと判断せざるを得ない

環境に生きていたわけです。

頭皮は身体の中で一番皮脂の分泌が多い場所なので

湯シャンがもっともハードルが高いともいえます。

 

タモリ式入浴は日本なら簡単、必要なところだけ石鹸で洗い

あとは湯船に5分つかれば汚れは落ちてしまうというもの。

実際タモリ氏はものすごいモチ肌なのだそう。

ただフランスは湯船ない場合が多いので難しいですね。

私はシャワーだけでもわりと、たとえばお腹なんかは

手で良く洗えば洗浄剤なくても大丈夫だと思います。

 

水洗顔については、水でひたすら洗顔するだけ。

ただし女性は化粧をしなければならないことが多く

接客業の方なら必須です。たとえ化粧する必要がなくても

美肌をめざすなら日焼け止めだけはぜったい外せない。

化粧も日焼け止めも使わず生きていくとなるとそれは

日傘と長袖と手袋とあの顔面すべて覆うサンバイザー……

もうサンバイザーの域を超えているアレ……

そのような格好では女としてつかみ損ねているものが

ずいぶんあるのではないか、と私などは思ってしまうのです。

そんなことはどうでもいい、美白さえつかめばそれでよい

という方はもうそれで良いのです。

それは「健康のためなら命を落としても構わない」

という健康オタクと同じで、それ自体がその方の情熱なのです。

中国で流行っていたという覆面マスク、フェイスキニというらしいですが

アレかぶって海水浴をしている女性の写真をみたとき

その情熱はすごいと思ったけれどなにかもう戻れない感も強く

まあ洗浄剤を完全排除しようとしたときの私もだいたい

似たようなものであったのだろうとは思うのですが……

d720bf7f2da7446e943eccd3d4cfaae6_68

 

とにかく私は日焼け止めをやめることはできなかったので、

それならクレンジングをしなければなりません。

よくノンケミの日焼け止めや化粧品で「石鹸で落とせます」

という強気な表示がしてあることがありますが

ほんとうに石鹸で落とせたことなんてまずありません。

私は視力だけはほんとうに良いので肌理の間まで見えます。

落ちるにしても二度洗いは絶対に必要です。

それにそもそも水洗顔の目的は洗浄剤排除であり

しかし日焼け止めを落とさなければいけないからには

フランス式洗顔がもってこいなわけです。

もちろんミルククレンジングをよく吟味した上でです。

まあフランス式洗顔はそのあと化粧水で拭きとるだけなので

ちょっと違いますが、一時期の私は洗浄剤をやめるべく

ミルククレンジング(マルティナオーガニック)+水洗顔で

約二カ月ほどでしょうか、頑張っていました。

ちなみに化粧品全般もやめるために洗顔後は基本的に

なにも塗布せず乾燥した部分だけセラミド配合のジェルを塗る

という方法でした。

 

ひと月も経たないころから、眉間がかゆいな、と思っていたし

ちょっと赤みが出てきたのを認識していました。

それからしばらくすると細かく皮がむけてきたような状態になり

もうかゆくてかゆくてたまらなくなって我慢できなくて

皮はむけてくるし赤くなるしで皮膚科に行ったのです。

医師はたいそうな美女で、「きちんとスキンケアしないからだ」と

怒られたのを覚えています。とりあえずワセリンを処方されました。

 

皮膚科ではそう言われたのですが、家に帰って自分で調べ

勝手な判断ですが、私は眉間だけ「脂漏性皮膚炎(湿疹)」

になったのではないかと思いました。

素人判断なので確信は持てないですが、原因も症状もぴったりです。

まず脂漏性皮膚炎は頭部や顔面に発症する湿疹であり

フケのような付着物を伴う紅斑、発疹、かゆみがあるそうです。

原因としては

 

・真菌(カビ)による刺激

・免疫の低下

・ビタミンBの不足

・溜まった皮脂の酸化

 

その他アルコールの過剰摂取、糖尿病、ストレスなどがありますが

最後の項目「溜まった皮脂の酸化」は言うまでもなく

入浴しなかったり洗顔が不足したことによって起こります。

だから水洗顔は「皮脂の多いひとはたまに洗浄剤を使うべき」

という意見もあるし「水洗顔を続けると皮脂バランスがとれてくる」

という意見もあります。

ですが実際私の眉間は上記のような状態になり

成人後の脂漏性皮膚炎は治ったと思ってもまたブリ返したりと

あいつはなかなかしぶとい野郎なので注意が必要です。

「皮脂の多いひとは洗浄剤が必要」と言いますが私は乾燥肌だし

どんな肌のひとが合うとか合わないとか定義することも難しいと思います。

 

断食や「なにかを断つ」方法、この場合肌断食になりますが

そういう美容法や健康法の場合、なにかトラブルがあっても

「好転反応」と言って、悪いものがいったん吹き出し(ニキビとか)

それを我慢するとしばらくして悪いものを出しきり美や健康が手に入る

と言われることがあり、そういうことはもちろんあるのでしょうが

ほんとうのトラブルが素人には判断できないという問題があります。

そうして私のようなことになってしまうことがあるのです。

あのまま続けてたら、と思うと今でもちょっとおそろしくもあります。

顔も頭皮も発症していたら後悔していました。

眉間なんてまあ指二本ぶんですからそんなものはどうとでも耐えられます。

 

だからこれから水洗顔をしようしているひとは

うまくいけば素晴らしい美肌が手に入ると思いますが

ちょっとでも眉間にかゆみを感じたらすぐに泡洗顔するか

あるいは皮膚科に行くことをお勧めします。

ステロイドを出される場合もあると思いますがそのときは

なるべく使わずワセリンで耐えた方がよいとも思います。

私だって水だけでいけるならそれが一番ですが

このような眉間事情により三日に一度くらいで泡洗顔なのです。



にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ