食品 Archive

乾燥肌にはヒアルロン酸より潤う「白キクラゲ」! クリームより強力な保湿効果でぷるぷる

昔から、ずっと気になっていたけれど試したことがなかった食材があります。白キクラゲ。 何で試してこなかったかというと、はじめて白キクラゲがよいというエッセイを読んだとき、まだ食べ物の強力さというものを理解してなかったからです。あと、エッセイだったということもあって「白キクラゲは、潤う」みたいにざっくりしたことしか書いてなかったからというのもあります。 子どものころに読んだのでちょっとうろ覚えなんですが、ある20代後半~30代前半くらいの女性が、わけあって10代の学生たちとともに勉強しているのだけれど、その10代の友人たちは彼女を同年代だとばかり思い込んでいた、その秘密は私が毎日白キクラゲを食べていることにあるのではないか、というような内容だったはず。これはただのキノコではなく、とにかく潤うらしい。   白キクラゲは中国3大美容食材なのか? このエッセイ、当時はまったく読み流していた内容だったのですが、ある日中華圏の女性たちにとって白キクラゲは「クコの実」や「ツバメの巣」と並ぶ強力な美容食材なのだ、という話をたいそう肌のきれいな(ほんとうに赤ん坊のような肌の)中国人女性から聞いて、私のなかの眠っていた白キクラゲスイッチが入ってしまったのです。 私はクコの実(ゴジともいいますね)に関してはすでに継続して試しているし、その強力なスーパーフード効果を感じています。下記の記事を書いたときによりも、毎日摂取している現在のほうがこの記事に書いたような効果をもっと実感しています。 →美肌の実のクコ・杏仁豆腐は薬膳デザート? そしてツバメの巣に関してなんですが、私はまだ食べ物による美容効果を信じていなかったころから、なぜかツバメの巣だけは食べると強力な美容効果があると思っていました。これはわざわざツバメが唾液でこつこつ作り上げた「巣」というような、なんでわざわざ食べようと思った?と正気を疑うようなものが高級食材として市場に出回っていること、さらにおっさんたちが断崖絶壁に命がけで登り採取する、というようなとてつもない話も聞いていたからでしょう。 そこまでするなら効くに決まってる、とまあ問答無用で信じていたわけですが、これに関してはイメージ的にマボロシの秘薬みたいに捉えていた向きもあります。中国の美人女優などは結構な確率で食べているそう。台湾のビビアン・スーさんも毎日スプーン1杯食べる、と書いてた記事を読んだことがあります。私、実はまだ食べたことがないんですが、ぜひいつか試してみたい。   白キクラゲ、パリでは見つからないだろう……とあきらめていたらあった!   そんな2大美容食材と並ぶのなら、白キクラゲはきっと素晴らしいものに違いない……一足飛びでブランド化(私のなかで)してしまった白キクラゲに思いを募らせる日々が続きました。

デトックスハーブ!抗酸化力NO.1のパクチーを一か月食べ続けた

これほどまでに「大好き」な人と「大嫌い」な人がきっぱり分かれるものはそうそうないんじゃないかと思われる野菜、パクチー。コリアンダーともいいますね。

食べる美白美容液!毎日摂取で全身が白くなるアレ

  フランスで暮らし始めてから一時帰国するたび言われるのが怖い言葉、それは 「太った」と「黒くなった」 もうまたいつ言われるんだろう、と細く白い女性の多い日本で子羊のように怯えている……羊は白いけど……。   まあ「太った」は砂糖断ちと運動によって解決済み。 しかし問題なのは「黒くなった」の方なのです。 君らが日傘使わしてくんないから……!ヨーロッパ! マリー・アントワネットとか映画の中では日傘を差してるけど、あれはいったいなんなのだ(日傘差せない話はこちら)。 今月のパリの気候の良さときたら目を見張るものがあるというのに。   ◆超絶美肌のビビアン・スーさんはキウイで全身美白   そこで、よく「身体の中から美白」と言いますが、紫外線を浴びても影響しにくい食事ってないもんかなー

卵は一日一個までは嘘?海外で勇気の卵かけご飯

  こんなに美容だの健康だのと言っているのですが ずっと、ほんの数日前まで信じていたのですよね 「卵は一日一個まで」という話を……   しかし信じていはいたものの、私はずいぶんな卵好きで 子供のころからおやつに卵三個使った卵焼き作ってみたり そうして親に怒られてはまた次の日作ってみたり あまった野菜を炒めただけでも、卵さえ乗っていれば かなりテンションが上がり、あまった味噌汁だって 卵さえポコンと入れてしまえば嬉しい一品に…… というように罪悪感を持ちながらもしばしば 「一日一個」を越えて食べることはあったものでした。  

検証!マヌカハニーで喉の痛みが一瞬で治る?

  正月にインフルエンザでヒイヒイいって ほんとうに苦しかったなあ、健康って素敵…… と思っていたら急に命にかかわるくらい寒くなり それと同時に朝起きたら喉が痛い…… もう……もういや!!風邪はうんざりだ!! 喉の痛みが一瞬で治る奇跡のような方法 そんなのあるわけないと思いつつ探したら 出てくるキーワードはただひとつ「マヌカハニー」。   マヌカハニーってなに?と探ったところ ニュージランドの原住民マオリ族が薬として使っていた マヌカの木から採れる蜂蜜で、もともと蜂蜜は 喉に良いし殺菌作用はあるけれどマヌカのそれは

美肌の実のクコ・杏仁豆腐は薬膳デザート?

  前回パリが杏仁豆腐不足なので手作りしたと書きましたが 実際は私も大人なのでそこまで我慢できなかったわけでもなく 手作りにまで至った直接の原因はあるパーティーでした。   日本人に人気のおしゃれレストランで開かれたパーティーで 店員のおしゃれな姉さんに、酒以外のお勧めを訊いたら 「クコの実ジュースです!すごく美容に良いんですよ!」 と満面の笑みで即答され、じゃあそれ、と即決し ぐびぐび飲んでみたら翌朝肌がつるつるに…… なったわけではないのですが 「そんなに美容に良いなら袋ごと買って食べてみよう」 と、まあ、店と姉さんのシャレオツムードな思い出も手伝って 中華スーパーTANG

ウソかホントか!激辛好きな女性は美肌?

  とくに辛いものに強いわけでもない、まったく普通なのに なぜか激辛料理に挑戦したいという気持ちだけはあって 七味を異様に振りかけてみたり、激辛料理店に入り浸ったり もう、ほんとうに激辛耐久力はいたって普通なので ヒイヒイ言っては水をがぶ飲みしたり、味もよくわからなかったり それでもなにか、激辛を前にしたときのわくわく感 さらにはそれを完食できたときの達成感……   そしてもうひとつ、「イメージ」の力もあるかもしれません。 なぜだか、私だけかもしれないけれど 「辛い食べ物は美肌になる」 「辛い物好きの女性は美肌が多い」 というイメージって、ありませんか?

妊娠中や美肌にも必須・葉酸たっぷりレンズ豆

  妊娠中の女性には葉酸がたっぷり必要とされるので 妊娠の前後はとくにサプリで摂るのだそうですが そんなに必要なのはなんでなんだろう? と調べてみたのはそもそも 知人が妊娠中に「妊婦はこうあるべき」という食生活を ものすごくストイックに守って守って守り抜いたところ 今までそんなこと言われたことがないのに 「凄く肌がキレイ!抜けるよう!」と大絶賛されるようになり 出産後に好き放題食べたらあっという間に元に戻って キレイともなんとも言われなくなった と言っていたのを聞いてから、ホルモンの関係もあるのでしょうが 妊婦に良いといわれる食生活は美肌にも良い食生活なのかも と思い始めたからです。

発酵食品パラダイスで美肌を手に入れる

  湿度なのか食べ物なのか清潔さによるものかそれとも もっと素敵な魔法でもかかっているのか定かではありませんが たった一晩でびっくりするほど肌がキレイになる国、日本。 一晩寝て起きてほんとうに頬が白くツルツルになって 嬉しいというより自分がどれだけ肌荒れしていたのか気がついて ちょっと、いやいや、すごく反省した日本滞在。   やはり食べ物はずいぶん大きな要因だと思います。 わざとではないけど日本にいると貪欲に食べるのが納豆と甘酒。   納豆はフランスではあまりに高級品なのにそれでも もう好きすぎてヒイヒイ言いながら購入しているので 日本ではここぞとばかりに納豆パスタという贅沢な使い方まで!

糖化を防ぐ・女の完全美容補助食アーモンド

  渡仏後もっとも美容的に私を助けてくれているもの…… それはアーモンドです。   日本にいるころからアーモンドの素晴らしい美容効果は、ある時期の「店頭に現れすぐに消える」という状況から察していたものの、私がナッツ全般大嫌いという悲劇から距離をつめるチャンスもなく、しかし渡仏後の自らの美容への不安から、もう嫌いとかそういう好みだとか馬鹿らしいものはいったん捨て置くべきだという判断で、ああ食べたくないなあと思いつつ習慣化させる努力をしたのです。   それにしてもナッツ好きはほんとうに得をしていると思うほどその美容効果は凄まじく、とくにアーモンドは最近読んだ日本の記事では、あまりのその美容効果にたくさんの女性たちがアーモンドを買い求め、結果今までとは比べ物にならない出荷量を必要とするようになり、突然のことにアーモンド業界は戸惑いそして騒然としている、とありました。   アーモンドを避けたくてべつのもので代用できないか調べましたが、どうしてもアーモンドに代わるものは見当たらない。 それほどにアーモンドはとくに女性にとっては完全美容補助食と言ってもいいような、間食にするとしたらこれ以外考えられないような出木杉くんなのです。   やっぱりアーモンドかーと私としてはがっかりしちゃう結果だったのですが、しかし完璧な美容によい食べ物が手軽に求められる環境はありがたい。 それは間違いありません。 フランスではオーガニック系のスーパーで買うことができます。

シナモンの美容効果・エキゾチックな気持ち

  シナモンにとんでもねえ美容効果があるとして店頭から一時消えたのは、 あれは5年くらい前のことになるでしょうか。 シナモンがこのまま買えなくなるんじゃないかとあせったのものの よく考えればシナモンなんてそうそう使いきれるものじゃないので このシナモン騒動のときは「手に入らなくて困る」ということはなかったです。   シナモンが流行りすぎてなんだかこわかったのと同時に、 私にとっては大好きなシナモンが一躍スターになった、 ずっと応援してたアイドルがセンターになったかのような喜び、 なによりそれまでただ好きで使ってたシナモンに すごい美容効果までがあったという、 なかなか心地よい風呂じゃないかと浸かってたら温泉だった、みたいな、 お得感で一杯になり、もう満点、シナモン満点!という気持ちに。

イソフラボン!Bellevilleで美味な豆腐を探す

  日本ではほぼ毎日豆腐を食べていましたが、 パリに来てからそんなことは叶わぬ夢とあいなりました。 週一で麻婆豆腐を作る私であるから、摂取はしているけど、 イソフラボン、やっぱりちょっとでも毎日取り入れたい。 豆腐は手に入るけども近くのスーパーにはないので、 近くのスーパーでも手に入れられるイソフラボンはこれ。 豆乳……ですが日本のに比べるとサラッとしている、薄い。 イソフラボンの一日の摂取量の目安は、 パックの豆乳(ちいさいストローつきの)二個分らしいですが、 このフランス豆乳薄いので一日コップ二杯飲んでも間にあってるのやら…… チョコレート味、バニラ味、など砂糖たっぷりのものがありますので、 美容目的である私は無糖の「nature」を買います。  

セクシーな嫌われ者!美肌にも効くアイツ

  私がもっともたくさんの化粧品を持っていたのは、 大学一年のときでした。 それは同時に私がもっとも肌荒れしていた時期でもあります。 化粧水に美容液に乳液に、目元用口元用デコルテ用、 それぞれ塗布するたび浸透させるための時間を置きなさいだとか、 何十分かかるんだ、風呂上りが面倒で、もうわけがわからなくなって、 それでも乾燥したりニキビがあったり透明感にも欠けたりで、 なにを使ってもダメで、悩みは尽きませんでした。   そして大学に入って初めて帰省し、 実家で三日間過ごした朝、自分の頬が赤子のように ツルッツルになっているのに気がついたのです。 不思議に思いながら大学に戻りまた

女の味方発酵食品・最強甘酒の代わりは?

  日本で私が食後に必ず飲んでいた、甘酒。   私は発酵食品というものをものすごく信用しています。 そしてここ数年の美容は「菌」がクローズアップされてる気がします。 アレルギーについても、 赤ん坊のころに動物園に何度か連れて行き、 菌を吸い込ませることで防げる、という話も聞いたことがあり、 要するに、あんまり神経質にならずにちょっとだけワイルドにしろ、 というプチ放任主義も立派な美容・健康法のひとつなのだと思います。   あのSK-Ⅱのスーパーリッチな化粧水も酵母を売りにしており、 杜氏さんの手が美しいことがヒントになった、 というフレーズには納得せざるを得ませんでした。