香水 Archive

清楚で高級感のある男性受けNO.1のモテ香水《石鹸系の香り》特集

今日は書こうと思ってしばらく忘れてしまっていた「石鹸系の香水」についてです。ノンケミなどと言っているくせに香水には甘い私……

まるでお風呂上がり《シャンプーのようなにおいの香水》特集

  弾丸一時帰国中に友人と一緒に買い物していたときに、彼女が「今このにおいが好き過ぎて」と買っていた、これ。 フェルナンダ フレグランスボディミスト マリアリゲル。 今すごく人気なんだと言っていて、実際店側のプッシュもすごかった。@コスメ その他フレグランス部門一位と書いてあった。 私も買った。 すぐ買った。 この弾丸一時帰国で何かを迷っている時間なんて一秒たりともなかったからです。 彼女がまとめて二個も買っていたもので、そんなに日本で人気ならばちょっと試してみようかな、という気持ちで。   ボディミスト、というか「化粧水」とも記してあるのだけど、とても肌に直接振りかけて良いような成分ではなく、タール色素までバンバン入っています。色まで着けなくてもいいじゃないか、というのが個人的意見。 でも口コミなどを見るに、化粧水として使うのではなく軽めの香水として使うのが、消費者の主な目的のようです。だからたぶん、髪とか服にかければ問題ないのでしょう。   香りは……シャンプーのにおい。なんというか、女の人からよくこういう香りがするよね、という、つまりよく言う「シャンプーの香りのする女性が好き」みたいな言葉の指す香りというのはまさにこれのこと、というにおい。  

シャネルより乾燥注意報&麗し香水ガーデニア

  買い物のとき日本人らしく少数点以下の小銭をキッチリ払うのが大好きな私ですが、フランスでは苦笑いされることも多々あり。 そんなほろ苦いスーパーマーケットライフに終止符を打つように、近所に新しく出来たスーパーで働く親切な兄さんはわざわざ 「細かいお金、ありませんか?」 と訊いてくれて、小銭かき集める間もにこやかに待っていてくれる。 なんて優しいの!ありがとう、兄さんに幸あれ! と思っていたらこの間また 「細かいお金、ありませんか?」 と訊いてくれた会計は2.99ユーロ…… 299円、と置き換えて考えてくださると共感を得られると思いますが、私、必死で財布をかき回しました! かき回したけどそこまでの小銭王にはなりきれませんでしたよ! 期待に答えられなくてごめんなさい!   そんなことに日々頭を悩ませている私が足を踏み入れることなんてあまり考えられない、Faubourg