脱毛 Archive

VIO脱毛、フランスでは常識? 日本人女性が知るべきハイジニーナのデメリット

VIO脱毛、というものがこの世に飛び出してきてから10年くらいになるんでしょうか。いまだにどうするべきか悩んでる人も多いのではないか、とふとそう思いましてね…… 夏になるとどうしても考えざるをえない脱毛。とくに海外在住だと気軽に脱毛できないので悩みも2倍に膨れ上がる、その一方で日本ほど「1本のムダ毛も許されない」という空気がないので精神面では少し楽になります。 →女を悩ます脱毛問題・海外在住者はどうする? ところがVIO脱毛に関してだけはちがいます!これだけはちがいます!フランスのほうが断然厳しいのです! さて、VIO脱毛に関するお悩みといっても、いろいろあると思います。 痛みに関する不安 料金に関する不安 そもそもどの方法を取るべきか どこまでいったるべきか? いろんなデザインがあるらしいんですが…… ハイジニーナが楽そう、でも引かれない? 今の彼氏や夫からはOKもらったがパートナーが替わることだってある このようにVIO脱毛といっても「やるか、やらざるべきか」みたいなシンプルな問答ではありません。やりたい、でもこわい、という気持ちから踏み出せない人も多いはず。  

女を悩ます脱毛問題・海外在住者はどうする?

  日本人女性として生まれてきて一番大変なことって言えば、それはダントツ脱毛の問題かもしれない…… 私の知る限りこれほど女のムダ毛に対して厳しい国は他にないと思う。 脇は当然、顔から手足から背中から腹部から、もう言えないところまで、髪と眉毛と睫毛以外は、まあほとんど不要ですよね、 みたいなこの風潮。 ツルツルですべすべの一本のムダ毛もない肌であることは女としての「たしなみ」であり「マナー」であり「女であることの定義」でさえあり、なんならもう生まれつき無毛なのが当り前だろ的この流れ。 可愛い顔のブラジル人女性が腕にごっそり毛が生えてても、その評価に一点の曇りもないのを見るにつけほんとうに、その自由さがうらやましくてうらやましくて仕方がない。 まあ、VIOに関してはね、ブラジルはね、自由じゃないみたいですけどね……   以前に男性の知り合い(20代半ば)が、好きで好きでつきあった彼女に対し、 「太ももにひょろっと細長い毛が生えてるの見てショックだった。 意外と身だしなみがきちんとしてない子なんだと思い、なんとなく彼女に対して普通のテンションになった」 と言っているのを聞き、べつにその子じゃないのになにか理不尽な気持ちに。 腕の毛まで脱毛するのはおそらく世界で日本人女性だけだと思うのに!