恋愛・モテ Archive

フランスのモテ服とは? 男受けの悪いファッションは世界共通だった

先日、仏ELLE誌による「私たちは大好きだけど、男性に嫌われる服装」という記事を読みました。 これは個人的に、大変興味を引かれるものでした。というのも、まずフランス人女性向けに男受けがどうのという記事を書く=フランス人女性も男受けを大変気にしている、ということになるわけですよね。あんなに天上天下唯我独尊的風情のある彼女たちが、あんなに男性よりずっと我が道を行っているフランス人女性が、男受けがどうので服装を変えたり、「私これ好きなんだけど……モテないから着られない……」みたいなことを考えたりするってことか、人間なんてみんな一緒だなあ、と思ってしまったのです。   ……と、思ったんですよね、最初の数秒は。   フランス女性はフェミニンでなくてはいけないのか   でもよくよく考えたらフランス人女性って結構男性の反応を大事にする人たちです。フェミニンであることをとても重要視していて、ファッション関係のTV番組を見ていても「そのファッションはフェミニンじゃないわ!」「フェミニンなラインにするにはこう!」みたいなアドバイスが中心になっています。とにかくフェミニンじゃないといけない。パンツは必ずヒールを合わせるように言われる。身体の線を隠しすぎると良くないと言われる。くびれを強調しろと言われる。 ほかの欧米社会の男性にとってフランス人女性のイメージは特別なものがあって、それは「フランス人女性はフェミニンで自由でセクシー」みたいな、ぽわんとアンニュイな女のイメージが先行しているところによるものだと思います。印象では、フランス人女性とイタリア人女性は熱い視線を送られやすい気がします。ブランドとして見られているというか。   フランス版モテ系ってどんなの?   日本の男受けと違うのは、フェミニンといっても直球セクシー路線に走るのがまあ正解、という傾向にあることでしょうか。あと、賢くて議論できるほうがモテるとか、求められる内面が違うために同じようにモテ系フェミニンっていっても日本とフランスではまったく違う女性像ができあがります。 私は今まで日本で10人以上の男性が「俺、政治の話をする女なんて嫌い。女がそんな話しなくていい。全然可愛くない」って言ってるのを聞いたことがあるんですが(みんなほぼ同じ台詞なのは、なにか元ネタがあるんだろうか?)、フランスだと政治の議論もできない女なんて話にならないみたいなとこありますよね。一定以上の知的レベル層に限るかもしれませんが、その知的レベルというのはかなり低く想定してよいはずです。

陣取りゲームに負けた女たち~フランスと日本の不貞のちがいとは?~

バレンタインデーですね!ヨーロッパのなにがいいってむしろチョコレートもらって食べられ……いや、砂糖断ちだった断ってるんだった―― ところでパリ市からはバレンタインデーを控え、市民のみなさんにこんなお知らせが届きました。  

面白い女がモテる方法・後編《具体的にどうすべきか5つのメソッド》

さて、後編です。前編ではオモシロ人口ピラミッドと、なぜ面白い女がモテないのか、についてでした。

面白い女がモテる方法・前編《なぜ男性は「女の話はつまらない」と言うのか》

弾丸一時帰国中に、友人がふとこう言ったわけです。   「プロの話はべつとして、一般人のことについて言うだけなんだけど、ほんとうにものすごく面白い人って女に多いんだよね」

自戒の念を込めて!モテない女5タイプのまとめ

  この間カフェで三人の日本人男性と話し込んでいたら、あれよあれよと色んな方向に話題が転換していき、最終的に男性三人は 「こんな女はダメだ!ダメなんだ!」 と小舅みたいなこと言い始めました。 あーうるさいうるさい! ……と叫ぶことは簡単なんだけど 素直に聞き入れたほうが実りが多いかと思って集中して聞いてみると、そういうのってやっぱり昔から変わらない、スタンダードな事柄であることが多いなと思いました。 スタンダードはやはり強い。 そして自分がうっかりそんな基本を取り落とす側になってはいけない、いや誰もそうであってはいけないのだと思い、まとめて書いてみたら5タイプに分かれました。 よりタブーである順に書いてみます。   1.不潔感のある女   これはやはりどんな場合でもあってはならないことです。どれだけ美しい人であっても一瞬でその美を破壊する力がありますね。

女性がモテを意識すると避けられる2タイプの不幸

  女性が美肌だったり良いスタイルを得たいと思うのは、もちろん自分自身が気持ちよく過ごせるからというのが大きいはず。 少なくとも私は、頬を触ってツルツルだったり、髪がキレイだったりすると、単純に日々楽しく生きていけるのです。 それは個人レベルの話なのに、私はモテるとかモテないとか、そういう一見瑣末に思える事柄についても書いてしまいます。 自分でもちょっと突然ぶっこんじゃった感があって、なんかアンバランスだなー矛盾してるなーと思うこともあります。   果たして人間にとって、モテる工夫とか外見を磨くことって、ほんとうに必要なんでしょうか?   もちろん必要なんてありません。 世の中には様々な楽しみや幸福があり、それらはほとんど個人の脳の中でだけ起こることだからです。 本来ならば個々の幸福に他者の関与する余地などありません。 何歳でもどんな外見でも幸せになれるし、当然その権利もあります。   それでも書いちゃうのは、いろんな人がモテや外見の重要性を説くのは、やはり文明社会で生きる限り他者からの関与は免れないからです。

モテる秘訣・若くて美人じゃなくても大切にされる女性

  以前美人でモテない人の謎について書いたことがあります。   そのときのポイントは主に   ■自己評価が低い ■自分をおとしめるような発言をする   というものでした。 今でもそれは間違っていないし、そういう美人たちがちょっと気がついて軌道修正できれば、あっという間に蝶よ花よのモテ人生に早変わり出来ると思います。   でも最近ふと思うことは「美人でモテない人」というのはそれはもはや美人ではないのではないかということです。   ◆美人で不幸な人生もある

女の魅力を損なうもの・美人でモテない人の謎

  以前日本で、ものごっつい美人と知り合いました。 美人にはいろいろあるのだけど「ものごっつい美人」というのは 私にとって、もともとくっきりした顔立ちなのに さらに化粧映えもするような女性のイメージ。 だから華やかさでいうとトップを走っているタイプ。 その女性もいつお会いしてもきちんとメイクしていて 服装もとても清潔感があって女性らしい。 肌が美しくてスレンダー。 にもかかわらず不思議に思っていたことがありました。 そもそもがエロオヤジのごとく美女が好きな私ですから 美人の前ではついウヒヒ……となってしまうフシがあるのですが 彼女に対しては、とても親切にしてもらって良い思い出しかないけれど 私の中のエロオヤジがどうも食指を動かさないというか