リップメイク Archive

小さい唇の魅力について② つぶらな瞳におちょぼ口は最強の顔立ち!?

この空白の1カ月があまりに響きすぎて前回なに書いたのか忘れていますが……今、読みかえしたから大丈夫! おちょぼ口の話でしたそうだった。 この記事から読まれる方のために誘導すると、まずこのシリーズは今のぷっくり唇ブームにがっくりきちゃっている薄い唇・おちょぼ口の人がどうしたら良いのか、というものです。小さい唇を大きくしよう、という方向性ではないのでまずはその心の準備から。 →美人になる近道はコンプレックスが教えてくれる!あらゆる美容のスタート前に   それから小さい唇で悩む人は、薄い唇とおちょぼ口に分かれる、と考えたので、まず薄い唇用の記事は下記。 →薄い唇は老けてみえるの? 赤リップで透明感のある知的美人へ   おちょぼ口で目の大きい人用の記事は下記。 →小さい唇の魅力について① デカ目でおちょぼ口な顔立ちを生かすお人形メイク   ところで、なかには「自分は唇が小さくて薄いのだけど、おちょぼ口と薄い唇のどちらが適用されるのか?」と迷う人もいるかもしれません。 正確に言うと、「薄い唇」というのは「小さい口」とはちょっとちがいます。おちょぼ口の人は口が小さいので、ビッグマックを食べることが非常に困難であったりするわけですが、薄い唇の人は口の幅自体は平均ほどあることが多いので、ビッグマックはそれほど苦労なく食べられます。 これは個人的見解ではありますが、唇の端にシュッとラインができている人は、「薄い唇」に属すると考えていいのではないかと思います。ラインというのはわかりにくいですが下の画像のまるで囲んだところのことです。 このラインがある人は、口の幅はそこそこにあるということではないでしょうか。反対にこのラインがない人は、おちょぼ口メソッドを参考にした方がよいのではと思います。

小さい唇の魅力について① デカ目でおちょぼ口な顔立ちを生かすお人形メイク

昨今のぷっくり唇ブームに絶望している小さい唇クラスタのみなさん、こんにちは。 早速ですがこれ、じつはシリーズの3回目に当たりますのでサクッと始めたいと思います。 まずこの記事から読み始めた人のために前置きしますと、ここでは「小さな唇を大きくする」というドリームではなく「資産を効果的に運用する」というリアルの話をしています。そのためにモチベーションをあげ精神を整えるのがシリーズ第1回目の以下の記事です。 →美人になる近道はコンプレックスが教えてくれる!あらゆる美容のスタート前に   そしてまずは「小さい唇」には「薄い唇」対策と「おちょぼ口」対策があると考え、薄い唇対策について書いたのが以下の記事となります。 →薄い唇は老けてみえるの? 赤リップで透明感のある知的美人へ   ◆おちょぼ口は目の大きさによって印象が変わる! おちょぼ口+デカ目対策   さて、おちょぼ口とひとくちに言いますが、目がグリグリとデカいのか、つぶらなのかでまったく対策は変わってくるはずです。   今回はおちょぼ口+デカ目の人について考えてみましょう。 このタイプの人は、やはり人形顔を目指すのが一番楽です。

薄い唇は老けてみえるの? 赤リップで透明感のある知的美人へ

私もわかってはいるんですが、昨今の「ぷっくり唇」ブームときたらこんな私の記事ひとつではどうにもならないくらいの、押し寄せるオームの群れのごとく勢いを持っています。その者青き衣を纏いて金色の野に降り立ってもらわないとどうにもならないわけです。いや、私もぷっくり唇はものすごーく好きなんですけどね。アドリアナ・リマ最高!   それにもかかわらず、今回こんな記事を書こうと思ったのは、先日メトロのなかで見かけた「やりすぎてしまった」女性がきっかけでした。 とくに西洋ではぷっくり唇に対する信仰は篤く、よくネット上では「やりすぎてしまった」人たちの画像が出まわっていますが、まさにあの「やりすぎてしまった」人を現実に、目の前にしてしまったときの衝撃ときたら筆舌に尽くしがたいものがありました。もうほんとうに、失礼だとは思うんですが何度も目がいってしまう。フランス人も注目する。観光客も注目する。そして考えてしまう。いったいどうしてこんなことになってしまったのか。 欧米では厚くてぽってりした唇はセクシーだとされ、ヒアルロン酸打ったりシリコン入れたりする人が続出、みたいな話はよく聞きます。日本でも最近はぽってり唇が可愛いしセクシーだしモテるしってことで唇をぽってりさせる美容液とかぽってり唇に見せるメイクが流行っています。   しかし待ってほしい。ぽってり唇はたしかにセクシーです。フォトジェニックでもあります。でもだからといってそれは薄い唇やちいさな唇が魅力的ではないということではありません。すべての人がオーバーリップ気味にメイクするのがいいということはなくてそれぞれの顔立ちにあったものがあるのです。それを書いたのがこの記事の前章となるジャガイモについての記事でした。 →美人になる近道はコンプレックスが教えてくれる!あらゆる美容のスタート前に   ぽってり厚い唇、の対極にあり、今の流行からいってコンプレックスを抱きがちなのは「薄い唇」と「ちいさい唇」の二つにわけられるかと思います。ちいさい唇は「おちょぼ口」と言いかえてもいいですが、薄い唇とはちょっと対策が違うと思うので次回にまわします。 今回は薄い唇の魅力について考えてみます。   ◆薄い唇は老けて見えるというのはほんとうなのか? 欧米社会、とくにアメリカなんかで厚い唇が人気なのは、厚い唇の方が豊満そうでセクシーである、という理由のほかに、薄い唇は老けて見えて年寄りくさいみたいなこと言うてるらしいんですね。

ジェーン・バーキンも愛用!Dr.ハウシュカのこれ一本でOKリップクリーム

ロンドン出身の女優といえば、私はなんとなくジェーン・バーキンのことを思い出します。フレンチ・ロリータ。

目指せぷるぷる・敏感な唇の紫外線対策

  今週は短かった夏がちょっとだけ戻ってきて、半袖でも平気。 しかし紫外線もまた強くなってきてしまった……困った……   ところで唇って、なんだか一番日焼けしやすいと思いませんか? 私はとくに唇の輪郭が日焼けしやすく、シミが出来やすい気がします。 鼻の下が汗をかきやすいからか、知らずに舐めたりしているのか。   この「唇の紫外線対策」について、ブログを読んでくださってる方から 「どう対策されてますか?」とメールをいただいて、その方は とても強い紫外線に悩まされていて、唇が乾燥するのだそうです。 それで私は「どうしてるんだっけ?」とあらためて考えてみました。   メールをいただくまであまり焦点を当てることなく

わがままロリータ色つきリップ・少女の気持ちで

  私は決して化粧映えするタイプではないので メイクはただ単に紫外線対策を目的とします。 あとは可愛い化粧品を使って嬉しい、ちょっと色がついて嬉しい というような、どうしようもない理由でしかありません。   しかしこんな私も、かつて毎日ちゃんとフルメイクしていたときは すっぴんでは外に出てはいけないと思っていたし出られないと思っていた。 思い込みが激しいので、ちょっとコンビニに行くのにも メイクしなくちゃ、とちゃんと下地から塗っていました。 今考えるとなんて面倒なことをしていたんだろう…… というか、当時から「面倒だな」と思っていました。 小さいころは化粧に憧れて、こっそり口紅塗ってみたりしたのに いつのまにかあのドキドキする気持ちを失っていた……

限定に弱い女・エトヴォスのチェルシーピンク

  私は一時期、化粧品……というのはスキンケアも、そしてメイクも すべて使わずに生きていきたい病を患ってしまったため UVカットしてくれる成分良好なもの以外はよほどのことがない限り 人生から排除していたのです。   でもある日ちょっと考えてみました。 そりゃあすっぴんでも女神のようなひとならそれでいいけれど メイクするときのあの高揚感、少し女が底上げされるようなあの感じ それを失った女の一生なんてモーパッサンも書かなかった……! それにたとえば一度のデートがあってそのときに メイクして出かけるのとすっぴんで出かけるのでは その後の人生が180度変わることもあるかもしれないよ、と。 ほんとうにすっぴんでデートに出かけたことがあるかと言われれば