アイメイク Archive

需要はあるのか!?目をちいさく見せるメイク

  日本人女性の間ではほとんど求められていないことは まあ知っていはいるのですが、それでも私は ぐりぐりの大きな目よりは小粒でキュッとした目のほうが なんだか可愛いなと思ってしまうので、アイメイクにしても 「もっとちいさく、もっとキュッとつぶらにならないだろうか」 と考えては試行錯誤してしまうのです。   日本人女性のアイメイク技術は世界トップなのだけど 目の大きさは圧倒的に大きい方がいいとされているからには ちいさな目を大きく見せるための技術は開発され尽くしているけど その逆はほぼないし、見つけることが難しい。 というわけで、キュッとした目のためのアイメイクを メイク技術ゼロの女なりに開発してみました。

メイクじゃダメなの?黒いカラコンは必需品?

  日本でのことです。 ある日顔見知りの60くらいのおいちゃんが神妙な顔をして 「絶対に可愛くなる方法があるんだけど、特別に教えてやろうか」 と言ってきて、ずいぶん大きく出たもんだと思いつつ そこまで自信満々に言われたらそりゃ聞かないわけいかないよな しかし半端者とはいえ私だって美容オタクだしその前に年頃の女だし 60代のポマード香る男性にそんなこと教わるなんて なんだかプライドに関わるような、複雑な思いにゆらゆら揺れながら しかしこの弱肉強食の世の中で情報は命だからもらえる情報はもらっとけと 「はい、よろこんでー」 とお返事したところ、おいちゃんは横顔に微妙な影を造りながら低い声で 「これは韓国で始まったものらしいのだが……黒い、コンタクトを入れること!! これですぐに、誰でも可愛くなる!!

魅惑のアイライン・落ちるなら落としてしまえ

  UVカットさえ出来ればいいや、と化粧を怠けている日々ですが、 この前友人が、 「パリに来て化粧しなくなったけど、 ひさびさにフルメイクで出掛けたら道行く男性が明らかに優しい」 と言っていて、 え、やっぱりそうなんだ……と反省に近い気持ちが。 フランスではやはり 男性に優しくされなければいろいろと不都合がある、 それは窓口でちゃんと対応してもらえるとかそういうことなんだけど……   以前どうしてもキャンセルしなければいけないチケットがあって、 「ちゃんときれいな格好して男性のいる窓口でお願いして来なさい!」 と在仏10年以上になる方にアドバイスしてもらい、見事成功。