メイク Archive

小さい唇の魅力について② つぶらな瞳におちょぼ口は最強の顔立ち!?

この空白の1カ月があまりに響きすぎて前回なに書いたのか忘れていますが……今、読みかえしたから大丈夫! おちょぼ口の話でしたそうだった。 この記事から読まれる方のために誘導すると、まずこのシリーズは今のぷっくり唇ブームにがっくりきちゃっている薄い唇・おちょぼ口の人がどうしたら良いのか、というものです。小さい唇を大きくしよう、という方向性ではないのでまずはその心の準備から。 →美人になる近道はコンプレックスが教えてくれる!あらゆる美容のスタート前に   それから小さい唇で悩む人は、薄い唇とおちょぼ口に分かれる、と考えたので、まず薄い唇用の記事は下記。 →薄い唇は老けてみえるの? 赤リップで透明感のある知的美人へ   おちょぼ口で目の大きい人用の記事は下記。 →小さい唇の魅力について① デカ目でおちょぼ口な顔立ちを生かすお人形メイク   ところで、なかには「自分は唇が小さくて薄いのだけど、おちょぼ口と薄い唇のどちらが適用されるのか?」と迷う人もいるかもしれません。 正確に言うと、「薄い唇」というのは「小さい口」とはちょっとちがいます。おちょぼ口の人は口が小さいので、ビッグマックを食べることが非常に困難であったりするわけですが、薄い唇の人は口の幅自体は平均ほどあることが多いので、ビッグマックはそれほど苦労なく食べられます。 これは個人的見解ではありますが、唇の端にシュッとラインができている人は、「薄い唇」に属すると考えていいのではないかと思います。ラインというのはわかりにくいですが下の画像のまるで囲んだところのことです。 このラインがある人は、口の幅はそこそこにあるということではないでしょうか。反対にこのラインがない人は、おちょぼ口メソッドを参考にした方がよいのではと思います。

小さい唇の魅力について① デカ目でおちょぼ口な顔立ちを生かすお人形メイク

昨今のぷっくり唇ブームに絶望している小さい唇クラスタのみなさん、こんにちは。 早速ですがこれ、じつはシリーズの3回目に当たりますのでサクッと始めたいと思います。 まずこの記事から読み始めた人のために前置きしますと、ここでは「小さな唇を大きくする」というドリームではなく「資産を効果的に運用する」というリアルの話をしています。そのためにモチベーションをあげ精神を整えるのがシリーズ第1回目の以下の記事です。 →美人になる近道はコンプレックスが教えてくれる!あらゆる美容のスタート前に   そしてまずは「小さい唇」には「薄い唇」対策と「おちょぼ口」対策があると考え、薄い唇対策について書いたのが以下の記事となります。 →薄い唇は老けてみえるの? 赤リップで透明感のある知的美人へ   ◆おちょぼ口は目の大きさによって印象が変わる! おちょぼ口+デカ目対策   さて、おちょぼ口とひとくちに言いますが、目がグリグリとデカいのか、つぶらなのかでまったく対策は変わってくるはずです。   今回はおちょぼ口+デカ目の人について考えてみましょう。 このタイプの人は、やはり人形顔を目指すのが一番楽です。

薄い唇は老けてみえるの? 赤リップで透明感のある知的美人へ

私もわかってはいるんですが、昨今の「ぷっくり唇」ブームときたらこんな私の記事ひとつではどうにもならないくらいの、押し寄せるオームの群れのごとく勢いを持っています。その者青き衣を纏いて金色の野に降り立ってもらわないとどうにもならないわけです。いや、私もぷっくり唇はものすごーく好きなんですけどね。アドリアナ・リマ最高!   それにもかかわらず、今回こんな記事を書こうと思ったのは、先日メトロのなかで見かけた「やりすぎてしまった」女性がきっかけでした。 とくに西洋ではぷっくり唇に対する信仰は篤く、よくネット上では「やりすぎてしまった」人たちの画像が出まわっていますが、まさにあの「やりすぎてしまった」人を現実に、目の前にしてしまったときの衝撃ときたら筆舌に尽くしがたいものがありました。もうほんとうに、失礼だとは思うんですが何度も目がいってしまう。フランス人も注目する。観光客も注目する。そして考えてしまう。いったいどうしてこんなことになってしまったのか。 欧米では厚くてぽってりした唇はセクシーだとされ、ヒアルロン酸打ったりシリコン入れたりする人が続出、みたいな話はよく聞きます。日本でも最近はぽってり唇が可愛いしセクシーだしモテるしってことで唇をぽってりさせる美容液とかぽってり唇に見せるメイクが流行っています。   しかし待ってほしい。ぽってり唇はたしかにセクシーです。フォトジェニックでもあります。でもだからといってそれは薄い唇やちいさな唇が魅力的ではないということではありません。すべての人がオーバーリップ気味にメイクするのがいいということはなくてそれぞれの顔立ちにあったものがあるのです。それを書いたのがこの記事の前章となるジャガイモについての記事でした。 →美人になる近道はコンプレックスが教えてくれる!あらゆる美容のスタート前に   ぽってり厚い唇、の対極にあり、今の流行からいってコンプレックスを抱きがちなのは「薄い唇」と「ちいさい唇」の二つにわけられるかと思います。ちいさい唇は「おちょぼ口」と言いかえてもいいですが、薄い唇とはちょっと対策が違うと思うので次回にまわします。 今回は薄い唇の魅力について考えてみます。   ◆薄い唇は老けて見えるというのはほんとうなのか? 欧米社会、とくにアメリカなんかで厚い唇が人気なのは、厚い唇の方が豊満そうでセクシーである、という理由のほかに、薄い唇は老けて見えて年寄りくさいみたいなこと言うてるらしいんですね。

ジェーン・バーキンも愛用!Dr.ハウシュカのこれ一本でOKリップクリーム

ロンドン出身の女優といえば、私はなんとなくジェーン・バーキンのことを思い出します。フレンチ・ロリータ。

真夏の花火とおしゃれカフェmerciでDDクリーム

  昨日7月14日の革命祭でエッフェル塔で打ちあげられる花火は今まで見たことがなかったくらいに素晴らしかったと評判で、私もそれにはほんとうに同感でした。 聞くところによると花火師は日本人だとのことですが、日本の花火とはまた趣の違うワールドミュージックに乗せた、でもラストはなぜかETという遊び心(たぶん)もある、これぞまさにエンターテイメントと呼ぶにふさわしい夏の風物詩   あまりにうっとりとしすぎて写真撮り忘れました!   写真なし! ……まあ花火の写真はいろんな人がいろんなところに載せてるでしょう! 代わりに帰りのメトロ駅前の混雑ぶりだけ激写しておきましたよ! 一応、私も祭りに参加したのだという記録です!   さて、ちょっと前にある女性と例のおしゃれカフェmerciでお茶しました。 →北マレで人気のmerciで本とコーヒー、おしゃべり その方もパリに日傘を持ってきているということで、この日は日傘をお互い持ってくるという約束のもと、おしゃれな場所でおしゃれな飲み物を頼みおしゃれなトークをする、女性ホルモンがバッチリ整いそうな会合となりました。

今年の日焼け止めとBB&CCクリームが優秀揃いだ

  ほんとうは四月・五月の紫外線が一番強烈と言いますから 今買っているようでは遅いに決まっているのだけど 昨日書いた激安薬局・ファーマシーモンジュでの収穫は紫外線対策一本。   去年は結局コレ!という日焼け止めが見つからなかったので 今年こそはフランスで定番として使えるヤツを見つけたい。 去年の反省点としてはノンケミにこだわりすぎたあまり ノンケミの日焼け止めにありがちな 過剰なまでの不快感+肌理に入り込んでクレンジングでも落ちない というダブルパンチで結局数日かけて 何度もクレンジングをしてやっと落ちるという そしてノンケミにしたのに肌は結局傷めてしまうという 本末転倒な結果に終わってしまったことです

イチオシのCCクリーム・BBクリームとの違いって何?

  さて、前回の記事をご覧いただければお分かりのように、私は桜の木の下でけっこう紫外線に怯えていました。 でももちろんこのあまりの晴天ぶりに無防備ではいられるはずがなく、となればちょっと化学の力を借りて高SPF値のアレをちょっと…… ということになるのは避けられません。   私は薬局って大好きなのでついつい長居してしまうのですが、パリではよい店員に当たって悩みを相談すると、試供品をばんばんくれて、試してみてね、と言ってくださいます。 この前薬局でBBクリームというものを探してる、と相談したところ、BBではなくCCクリームの試供品を頂きました。   店員の姉さんイチオシだったのがこちら。 エルボリアン(erborian)のCCクリーム。 SPF45 PA+++という、頼りがいのある超姉御肌!   というわけでパリ植物園に行くにあたり、朝、今日これを試さずいつ試すのだ、と塗りたくりました。

需要はあるのか!?目をちいさく見せるメイク

  日本人女性の間ではほとんど求められていないことは まあ知っていはいるのですが、それでも私は ぐりぐりの大きな目よりは小粒でキュッとした目のほうが なんだか可愛いなと思ってしまうので、アイメイクにしても 「もっとちいさく、もっとキュッとつぶらにならないだろうか」 と考えては試行錯誤してしまうのです。   日本人女性のアイメイク技術は世界トップなのだけど 目の大きさは圧倒的に大きい方がいいとされているからには ちいさな目を大きく見せるための技術は開発され尽くしているけど その逆はほぼないし、見つけることが難しい。 というわけで、キュッとした目のためのアイメイクを メイク技術ゼロの女なりに開発してみました。

目指せぷるぷる・敏感な唇の紫外線対策

  今週は短かった夏がちょっとだけ戻ってきて、半袖でも平気。 しかし紫外線もまた強くなってきてしまった……困った……   ところで唇って、なんだか一番日焼けしやすいと思いませんか? 私はとくに唇の輪郭が日焼けしやすく、シミが出来やすい気がします。 鼻の下が汗をかきやすいからか、知らずに舐めたりしているのか。   この「唇の紫外線対策」について、ブログを読んでくださってる方から 「どう対策されてますか?」とメールをいただいて、その方は とても強い紫外線に悩まされていて、唇が乾燥するのだそうです。 それで私は「どうしてるんだっけ?」とあらためて考えてみました。   メールをいただくまであまり焦点を当てることなく

わがままロリータ色つきリップ・少女の気持ちで

  私は決して化粧映えするタイプではないので メイクはただ単に紫外線対策を目的とします。 あとは可愛い化粧品を使って嬉しい、ちょっと色がついて嬉しい というような、どうしようもない理由でしかありません。   しかしこんな私も、かつて毎日ちゃんとフルメイクしていたときは すっぴんでは外に出てはいけないと思っていたし出られないと思っていた。 思い込みが激しいので、ちょっとコンビニに行くのにも メイクしなくちゃ、とちゃんと下地から塗っていました。 今考えるとなんて面倒なことをしていたんだろう…… というか、当時から「面倒だな」と思っていました。 小さいころは化粧に憧れて、こっそり口紅塗ってみたりしたのに いつのまにかあのドキドキする気持ちを失っていた……

肌に優しいチークを選ぶべき理由・シミ対策や輪郭の悩みに

  あまり化粧はしないけど、紫外線対策だけは必ずして、日焼け止めクリーム塗ったりミネラルファンデのせたり、そんなもんで家を出ることも多いズボラな私が、もうひとつメイクを加えるとしたら、チークかリップ。 いや、チークだろうか。   というのは、個人的にメイクはUVカット目的なので、粉はどんなものでもとりあえずある程度紫外線を防ぐと聞くからには、一番シミができやすいというチークのラインをカバーすることで、なんだか安心感があるからです!それだけ! しかし、頬骨の辺りは高いので紫外線に当たりやすく、だからシミができやすい、などと言いますが それなら一番高いところは鼻なのだから、女性はみんな鼻の頭がシミだらけになって困るという事態になっているはずなんじゃない?とも思う。   これは勝手な憶測ですが、もしかして頬が高いからじゃなく、チークを塗ってることでシミができてるんじゃ? というより、「タール色素入りのチーク」を塗るからチークのラインはシミができやすいんじゃ? と考えてしまうのです。 よって、チークこそ成分にこだわるべきじゃなかろかと思うので、いろいろとフランスでも探し回りました。 しかしまだベストなものが見つからない。  

メイクじゃダメなの?黒いカラコンは必需品?

  日本でのことです。 ある日顔見知りの60くらいのおいちゃんが神妙な顔をして 「絶対に可愛くなる方法があるんだけど、特別に教えてやろうか」 と言ってきて、ずいぶん大きく出たもんだと思いつつ そこまで自信満々に言われたらそりゃ聞かないわけいかないよな しかし半端者とはいえ私だって美容オタクだしその前に年頃の女だし 60代のポマード香る男性にそんなこと教わるなんて なんだかプライドに関わるような、複雑な思いにゆらゆら揺れながら しかしこの弱肉強食の世の中で情報は命だからもらえる情報はもらっとけと 「はい、よろこんでー」 とお返事したところ、おいちゃんは横顔に微妙な影を造りながら低い声で 「これは韓国で始まったものらしいのだが……黒い、コンタクトを入れること!! これですぐに、誰でも可愛くなる!!

夏・始まる・日焼け止めラビリンス・2014パリ

  昨日まで分厚い布団を引っかぶって寝ていたというのに 今日、ついに夏が始まってしまった……暑い。 しかしフランス人がどれだけ訝しげな顔をしようと 私は絶対に長袖。 ぎりぎりダサくならないラインを守って 汗だくでアイスティー頼んだら、ぬるい…… なぜフランスのカフェはキンキンに冷えた飲み物出してくれないのか! それは冷えから女性たちを守るため……冷えは女性の天敵だから…… と、思うことにする。   さて、以前に書いたこちらの 低刺激な日焼け止めについてご報告があります。 このラヴェーラの日焼け止め、ラヴェーラさんごめんなさいね

限定に弱い女・エトヴォスのチェルシーピンク

  私は一時期、化粧品……というのはスキンケアも、そしてメイクも すべて使わずに生きていきたい病を患ってしまったため UVカットしてくれる成分良好なもの以外はよほどのことがない限り 人生から排除していたのです。   でもある日ちょっと考えてみました。 そりゃあすっぴんでも女神のようなひとならそれでいいけれど メイクするときのあの高揚感、少し女が底上げされるようなあの感じ それを失った女の一生なんてモーパッサンも書かなかった……! それにたとえば一度のデートがあってそのときに メイクして出かけるのとすっぴんで出かけるのでは その後の人生が180度変わることもあるかもしれないよ、と。 ほんとうにすっぴんでデートに出かけたことがあるかと言われれば

パリに手作りコスメとアロマの店が出現

  オデオンで待ち合わせしたら、新しく出来たコスメの店を発見。 僥倖。   アロマのお店か……あんまりアロマってない女ですが失礼いたします、 と入ってみたところアロマというより、これは……手作りコスメのお店!   まさかフランスにこのようなお店ができるとは考えていませんでした。 日本だから成り立つんだと思ってました……だって手間かかるし。   アロマオイルは「イチゴ」や「ヌガー」の甘い香りがあったりして、 すごく人工の香りに感じたため、ここは自然派の店ではないのか、 とがっかりしてたらちゃんとナチュラルのアロマオイルは べつのコーナーが設けてありました。

魅惑のアイライン・落ちるなら落としてしまえ

  UVカットさえ出来ればいいや、と化粧を怠けている日々ですが、 この前友人が、 「パリに来て化粧しなくなったけど、 ひさびさにフルメイクで出掛けたら道行く男性が明らかに優しい」 と言っていて、 え、やっぱりそうなんだ……と反省に近い気持ちが。 フランスではやはり 男性に優しくされなければいろいろと不都合がある、 それは窓口でちゃんと対応してもらえるとかそういうことなんだけど……   以前どうしてもキャンセルしなければいけないチケットがあって、 「ちゃんときれいな格好して男性のいる窓口でお願いして来なさい!」 と在仏10年以上になる方にアドバイスしてもらい、見事成功。

低刺激日焼け止め・春なんてもう夏も同じ

  我々を圧倒的な力で老化させるもの……それは紫外線。 これに抵抗するために日本女性はあの蒸し暑い夏を、 長袖とか帽子とか身につけて乗り切っているわけですが、 どれだけ武装しても日焼け止めをぬらずに外出する勇気はないはず。 いや、そういうひともいるのかもしれませんが、 しかし完璧なノンケミを追い求めていた私には、 日焼け止めは一番の悩みダネで、未だに解決方法は見つかってません。   日焼け止め自体が肌に刺激になり、でも紫外線はカットしたい、 数値も高いものに頼ってしまう、そして落とすのに強力なクレンジング。   日焼け止めは使わなければならないのに、 使うことでノンケミの道をほどんど断たれてしまう。

ミネラルファンデーションで四月のUV対策!

    外国暮らしを始めて 日本にいたときほど化粧しなくなる女性は結構いると思います。 それはやっぱり欧米の女性って化粧しないひとが多いから、 化粧してもどぎついアイメイクのみで ファンデーションはぬってなかったりして、 ああ、こんなもんでいいんだ、 と解放されちゃうのかもしれないですね。   私はそうではない。 日本にいるときから化粧をしなかった。 色素沈着やらシミやらにおびえて、なるべくしなかったのです。 でも化粧をしなくてもファンデーションだけはぬってました。