パリの日常 Archive

極寒! 初めての「ディズニーランド・パリ」クリスマス(と、お知らせ)

パリに住んでそこそこ月日が経ったような気がするのですが、一度もいったことのないところは結構あります。その筆頭として「いつか行っとくべきでは」と思っていたのがディズニーランド・パリ。だってみんなFacebookなどにですね、まだ渡仏したばかりの人もみんなですね、楽しそうな写真をのせているわけなんですよ。 そこへ突然舞い込んだ招待券! やった! ありがとうございますありがとうございます。 しかし私は世の人々がこれほどディズニーランドに夢中になっているにも関わらず、その理由をよく知らずにぼんやりと生きてきた節があります。ディズニーランドっていうのはつまり遊園地だと思ってるんですが、ほかの遊園地に比べてディズニーランドが突出して人気なのはなぜなんだろう? 遊園地=ジェットコースターなわけだが(偏狭である)、ジェットコースターがそれほどすばらしいのであろうか、と。子どもたちが夢中になるのはわかる、成人女性たちも、わかる、しかし成人男性までもを(勝俣州和氏など)夢中にさせるのはよほどのことに違いないと思っていました。東京ディズニーランドにさえ子どものころに1、2回行っただけの私ですから、要するにどえらいディズニーオンチなわけなんですが、そんな私でもディズニーランド・パリを楽しめるのでしょうか?   しかし日本人の友人たちは口をそろえて言うわけですよ、「日本のディズニーランドを思うとがっかりするよ」と。 私だってそんなことは分かっている。というかもうこの駅おりたった時点で分かってる。東京ディズニーランドのあの完全なる別世界を作ろうとする姿勢をフランス人がまず試みてみようと思うはずもない。「今日は彼女と喧嘩したから肩肘ついて仏頂面でチケットを売る」スタッフがいてもおかしくない。別に彼女と喧嘩しなくてもデフォルトで仏頂面でもおかしくない。 ディズニーランド・パリ、道のりは分かりやすくてよいです。RER A線で「Marne-la-Vallée-Chessy」方面の最終駅まで乗っとくだけ。 でも降りたら早速このさびしさよ。 右手の入り口で荷物チェックをし、スタジオ・パークが見えたのだけど、招待券の場合はスタジオ・パークかパークのどちらかを選ばなければならないということでパークを選択しました。さよならスタジオ・パーク。 スタジオ・パーク楽しそうなんですけど、城が見たくて。 誰かいた!! 何だか…… 何だか……

【議事録】海外在住者のための交流会inパリでスパゲティ食べる

冬は基本的に家にこもって木の実でも齧っていたい私ですが、まともでソーシャブルな人間であるかのように感じられる華々しいパーティーが開催されると聞き、こんなおしゃれなビストロの前でちいさく震えていました。

手書き手帳のメリット!デジタルより目標が達成しやすい理由

あけましておめでとうございます。 まだギリギリ正月でしょうか。しかしフランスはともかく日本も年々正月休みが短くなっている気がします。これは単に子供のころの冬休み気分が大人になってなくなったからそう感じるだけなのだろうか。

2015年パリのスターウォーズ・クリスマスを終えて、来年の抱負

日本ではそろそろ「笑ってはいけない」を見ながら年を越す準備をする頃でしょうか。そして笑ってはいけないは今年がファイナルってほんとうなんでしょうか?ほんとうだったらショック!

旅行中でもOK!夏にパリにいるならば、行っておきたい野外映画

  夏はどこにいても、いろいろな楽しみがあります(日焼け除く)。   とくにパリに来てから毎夏恒例で楽しみにしているのが、野外映画です。 日本でももちろんあるけれど、ヨーロッパはとくに夏はなかなか日が暮れないので、野外映画の前に軽くピクニックしながら待つのが楽しいんですよね。 夏にもしパリに旅行に来る予定があって、少し時間に余裕があるならば野外映画はお勧めです。とっても楽しいですよ。とはいえ今終わったばかりのイベントについて書くのはアレなんですが……来年に向けてね、早め早めの準備をしておくと安心……かもしれない。   パリの真夏の野外映画は二つあります。 ひとつは”Cinéma au clair de lune”という、Forum des

シャネルより乾燥注意報&麗し香水ガーデニア

  買い物のとき日本人らしく少数点以下の小銭をキッチリ払うのが大好きな私ですが、フランスでは苦笑いされることも多々あり。 そんなほろ苦いスーパーマーケットライフに終止符を打つように、近所に新しく出来たスーパーで働く親切な兄さんはわざわざ 「細かいお金、ありませんか?」 と訊いてくれて、小銭かき集める間もにこやかに待っていてくれる。 なんて優しいの!ありがとう、兄さんに幸あれ! と思っていたらこの間また 「細かいお金、ありませんか?」 と訊いてくれた会計は2.99ユーロ…… 299円、と置き換えて考えてくださると共感を得られると思いますが、私、必死で財布をかき回しました! かき回したけどそこまでの小銭王にはなりきれませんでしたよ! 期待に答えられなくてごめんなさい!   そんなことに日々頭を悩ませている私が足を踏み入れることなんてあまり考えられない、Faubourg

旧正月のベルヴィルで買い出し&不思議な中国菓子

  先週の木曜の朝、知り合いの中国人の女の子に会い 「おはよう!昨日お祝いした?」 と訊かれてハテなんのこと?と首を傾げたら その子がちょっと寂しげな表情をして、気がついたのです 前日が旧正月の元旦だったんだって。 いや、日本はお祝いしないのよ、と言う前に彼女は去ってしまい そういえば昨日はやけに夕食の誘いがあったな 用事があって断ったけど、「なんで断るの?」的雰囲気があったな 全員アジア人だったのはそういうわけだったのかと思いつき 結構な確率で日本も旧正月を祝うと思われている とあらためて知ることになりました。 この誤解は解いておかないと非文化的な人間と思われるかな……  

適当レシピ・なぜパリには杏仁豆腐がない?

  パリでフレンチよりも圧倒的に中華に通い詰めている私ですが なぜだかデザートで杏仁豆腐を一度も見たことがありません。 そもそもデザートメニュー自体を置いてない中華も多いですが あったとしても胡麻餡の入った白玉とか、無難なアイスとか。   まさか杏仁豆腐というのは日本人の想像上の中華デザートだったのか とまで思ったものですが、良く考えたらドイツに行った際 香港人たちに連れられて中華(回るテーブルの)を食べに行き 「君は日本人だからアンニンドウフ食べたいよね?」 と杏仁豆腐を注文してくれ、自分たちはマンゴープリンを食べていました。 杏仁豆腐=日本人好み マンゴープリン=現地人好み なのかと思ったものですが、どちらも日本で人気の二大中華デザートです。

わくわく夏の思い出と反省・秋に向けてしっとり

    もうすっかり秋ですねという雰囲気に満ちているパリ。 私はもう羽毛布団を出して毎日凍えています! 日本へ電話をかけ、 「まだクーラーつけてるし暑くて暑くてたまらない」 と聞くとなんだか信じられない、まるでファンタジー。 紫外線問題から開放されて良いじゃない……となりそうですが なぜか日差しだけは強い。こんなに寒いのに。   2014年のパリの夏は、個人な体感では3週間……くらい。 今年の夏はなにか夏らしきことをしたかな…… と、夏の思い出を振り返りつつ秋の冷えに備え、ついでに反省もしたい。 あんまり夏っぽいこと出来なかったので、せめて書き記したい。

行事向きでない女は7月14日を楽しめるのか

  昨夜のワールドカップ決勝はカフェのTV前で大騒ぎする人々を尻目に いそいそと家に帰りアルゼンチン人の友人にそっと慰めメールを送るのみという それもこれもまず私がサッカーというものをまるで理解していないから ルールでもせめて知っていれば叫びどころもわかると言うものだけど しかしそうは言っても四年に一度という希少価値の大会だから なんとかその熱狂の端の端の端くらいをほんのちょっと齧りたい そのようなミーハーな心に導かれスーパーで買ったこちら   ……チーズ。 フランスにいるのに本気のチーズが好きじゃない私。 ワインもビールもチーズもダメな私。 ワールドカップが四年に一回だということは ほんとうは今調べて知った私。

ホテル王の高級アパルトマンと女ざかりの時期

  友人の働くレストランに遊びに行ったら閉店間際に、 「あのおっちゃんが高級なモン飲ませてくれるから行こう」 とひとりのフランス人男性にみんなでついていく流れになりました。   そのひとが事務所代わりに使っているアパルトマンにはの地下には 一本〇十万みたいなボトルがいくつもあるらしく なんとも言えない雰囲気の地下で高級酒うんちく聞きました。 私はといえばなにを注がれてもなんと説明されても、 それはすべて同じ「とても飲めない強い酒」でしかなく、 「お高いのでしょうねえ」と思いながらだんだん揺れてゆく夜を、 隣の方にこっそり代わりに飲んでもらいながらやり過ごしました。 だっておっちゃんどんどんどんどん注ぐのだもの、 舐めるのが精一杯なのに。

フランスでも英語は必須?外国人向け番組

  フランスに住むと英語ってどのくらい必要なのでしょうか? 「フランス人は誇り高いのでぜったい英語しゃべらない」という、 都市伝説的なものがありますが、実際普通にしゃべってますよね。   またフランス人は英語が苦手なひとが多い、という話も聞きますが、 私が出会った唯一英語がしゃべられないフランス人は、 田舎町でもう退職してのんびり暮らしている58歳のご婦人だけで、 他に英語が話せないフランス人には会ったことありません。 まあ、私が会ったフランス人たちがたまたま話せたのかもしれない。   ヨーロッパは地続きだしラテン語同士は覚えやすいし(英語はちがうけど)、 3ヶ国語4ヶ国語と多言語話せるひとがゴロゴロいるわけなので、 むしろ「アメリカ人は外国語が話せない」と言われているのをよく聞きます。

ゴージャス!絢爛豪華なフランス的おまけ商品

  昨日スーパーマーケットで買い物をしていると、たまたま目に入ったこれ。 この頭や耳や首元の宝石、それからこの細かなレース部分は立体になって、 とにかくものすごくディテイルに凝ったデザインです。 私が見た限りでは全部で6種類くらいだったと思います。 ヨーロッパ各文化の王女をイメージしてるんでしょうか。   これ、NANAという衛生用品ブランドのおまけで、ナプキンケースだと思います。 フランス人女性に以前ナプキンを借りたらこのかたちのケース使用でした。 日本だとこれ、会議で提案しても却下されそう。 もっと可愛らしい柄とかキャラものとかに決まるはず。 これこそまさにフランスならではのおまけだと思います。 見た瞬間にガサっとかごに入れる……  

失われた赤い靴と慰め麻婆豆腐

  以前から、 パリのメトロは電車とホームの間が開きすぎている、 と感じていました。 日本の10センチ程度の隙間でさえひゅっとするときがあるのに、 線にもよるでしょうがコブシ3コ分くらい開いている気がする、 あれじゃあ子供や老人がうっかり片足突っ込んでしまったり、 連れていた子犬がスポンと落っこちてもおかしくはないだろう、 でもそうは言いながらそんな現場には遭遇したことないので、 ひとは注意を喚起せねばならない状況にいれば それなりに神経を張りつめアクシデントを回避するのだろうか、 あんまり神経張りつめなさそうなフランス人でも?   などと思っていました。