フランス生活 Archive

極寒! 初めての「ディズニーランド・パリ」クリスマス(と、お知らせ)

パリに住んでそこそこ月日が経ったような気がするのですが、一度もいったことのないところは結構あります。その筆頭として「いつか行っとくべきでは」と思っていたのがディズニーランド・パリ。だってみんなFacebookなどにですね、まだ渡仏したばかりの人もみんなですね、楽しそうな写真をのせているわけなんですよ。 そこへ突然舞い込んだ招待券! やった! ありがとうございますありがとうございます。 しかし私は世の人々がこれほどディズニーランドに夢中になっているにも関わらず、その理由をよく知らずにぼんやりと生きてきた節があります。ディズニーランドっていうのはつまり遊園地だと思ってるんですが、ほかの遊園地に比べてディズニーランドが突出して人気なのはなぜなんだろう? 遊園地=ジェットコースターなわけだが(偏狭である)、ジェットコースターがそれほどすばらしいのであろうか、と。子どもたちが夢中になるのはわかる、成人女性たちも、わかる、しかし成人男性までもを(勝俣州和氏など)夢中にさせるのはよほどのことに違いないと思っていました。東京ディズニーランドにさえ子どものころに1、2回行っただけの私ですから、要するにどえらいディズニーオンチなわけなんですが、そんな私でもディズニーランド・パリを楽しめるのでしょうか?   しかし日本人の友人たちは口をそろえて言うわけですよ、「日本のディズニーランドを思うとがっかりするよ」と。 私だってそんなことは分かっている。というかもうこの駅おりたった時点で分かってる。東京ディズニーランドのあの完全なる別世界を作ろうとする姿勢をフランス人がまず試みてみようと思うはずもない。「今日は彼女と喧嘩したから肩肘ついて仏頂面でチケットを売る」スタッフがいてもおかしくない。別に彼女と喧嘩しなくてもデフォルトで仏頂面でもおかしくない。 ディズニーランド・パリ、道のりは分かりやすくてよいです。RER A線で「Marne-la-Vallée-Chessy」方面の最終駅まで乗っとくだけ。 でも降りたら早速このさびしさよ。 右手の入り口で荷物チェックをし、スタジオ・パークが見えたのだけど、招待券の場合はスタジオ・パークかパークのどちらかを選ばなければならないということでパークを選択しました。さよならスタジオ・パーク。 スタジオ・パーク楽しそうなんですけど、城が見たくて。 誰かいた!! 何だか…… 何だか……

【議事録】海外在住者のための交流会inパリでスパゲティ食べる

冬は基本的に家にこもって木の実でも齧っていたい私ですが、まともでソーシャブルな人間であるかのように感じられる華々しいパーティーが開催されると聞き、こんなおしゃれなビストロの前でちいさく震えていました。

手書き手帳のメリット!デジタルより目標が達成しやすい理由

あけましておめでとうございます。 まだギリギリ正月でしょうか。しかしフランスはともかく日本も年々正月休みが短くなっている気がします。これは単に子供のころの冬休み気分が大人になってなくなったからそう感じるだけなのだろうか。

2015年パリのスターウォーズ・クリスマスを終えて、来年の抱負

日本ではそろそろ「笑ってはいけない」を見ながら年を越す準備をする頃でしょうか。そして笑ってはいけないは今年がファイナルってほんとうなんでしょうか?ほんとうだったらショック!

旅行中でもOK!夏にパリにいるならば、行っておきたい野外映画

  夏はどこにいても、いろいろな楽しみがあります(日焼け除く)。   とくにパリに来てから毎夏恒例で楽しみにしているのが、野外映画です。 日本でももちろんあるけれど、ヨーロッパはとくに夏はなかなか日が暮れないので、野外映画の前に軽くピクニックしながら待つのが楽しいんですよね。 夏にもしパリに旅行に来る予定があって、少し時間に余裕があるならば野外映画はお勧めです。とっても楽しいですよ。とはいえ今終わったばかりのイベントについて書くのはアレなんですが……来年に向けてね、早め早めの準備をしておくと安心……かもしれない。   パリの真夏の野外映画は二つあります。 ひとつは”Cinéma au clair de lune”という、Forum des

迷い込んだらアウト!パリのカタコンベで冒険ライブ

  ある日、ふと、ライブに誘っていただきました。 シテ・ユニヴェルシテ(Cité Universitaire)という学生寮のある駅に集合ね、と言われ、結構早く着いたので寮の中のトイレなどをお借りして待っていました。   ところで私、とてもドキドキしておりました。 なぜなら参加条件として   ■両手が使えるよう鞄はリュックサック ■太ももまでぬれてもいい服 ■ダメになっていもいい靴 ■遅刻厳禁・遅れたら置いていく   等がPDFで送られてきており、しかし最重要項目であると思われた「遅刻厳禁」は容易に破られ、私はすでに30分ほど、ひとり駅前で待ちぼうけを食らっていたからです。

真夏の花火とおしゃれカフェmerciでDDクリーム

  昨日7月14日の革命祭でエッフェル塔で打ちあげられる花火は今まで見たことがなかったくらいに素晴らしかったと評判で、私もそれにはほんとうに同感でした。 聞くところによると花火師は日本人だとのことですが、日本の花火とはまた趣の違うワールドミュージックに乗せた、でもラストはなぜかETという遊び心(たぶん)もある、これぞまさにエンターテイメントと呼ぶにふさわしい夏の風物詩   あまりにうっとりとしすぎて写真撮り忘れました!   写真なし! ……まあ花火の写真はいろんな人がいろんなところに載せてるでしょう! 代わりに帰りのメトロ駅前の混雑ぶりだけ激写しておきましたよ! 一応、私も祭りに参加したのだという記録です!   さて、ちょっと前にある女性と例のおしゃれカフェmerciでお茶しました。 →北マレで人気のmerciで本とコーヒー、おしゃべり その方もパリに日傘を持ってきているということで、この日は日傘をお互い持ってくるという約束のもと、おしゃれな場所でおしゃれな飲み物を頼みおしゃれなトークをする、女性ホルモンがバッチリ整いそうな会合となりました。

通りすがってどっぷり楽しむ・パリのLGBTプライド

  6月27日、土曜日は、パリのLGBTプライドの日でした。 ニューヨークの「ストーンウォールの反乱」から始まったと言われ 今では6月を中心に世界各地で そして日本でも行われているLGBTプライドは 同性愛やトランスジェンダーの方々によるパレードです。 こう書いているとまるで計画的に参加しに行ったみたいですが 実際には、チェックはしていたのだけどうっかり 日々の雑事にまみれるうちに忘れてしまっていて ラッキーなことにちょうど用事で出かけたときに パレードに遭遇いたしました。 よかった、ついてた。    

暮れない夏の夜・パリ音楽祭で第一回日本祭り

  2015年は22日が夏至ということで パリで毎年恒例で行われる音楽祭 Fête de la Musique フェット・ドュ・ラ・ミュージックは 今年は21日の日曜日に行われました。 日が長いので遊び歩いてもこわくないし 朝までメトロも動いているので足の心配もなし。 イベント向きでない私のような人間であっても これは楽しくてしようがないので毎年参加しています。   そして今年の特筆すべき事項と言えば

パリで一番安い薬局は?プラスモンジュでコスメ探索

  パリで一番安い薬局といえば パリのマツキヨとして名高いサンジェルマンデプレのシティファルマ ……ですが、そのあまりの人口密度の高さに 一度店内に入ってしまうと動くことさえままなりません。 おそらく彼女や妻に付き添って来たのであろう男性たちが 戦線を離脱し店先でぐったりと待っている図を見ればわかる 店内で熾烈な場所取り合戦が行われていること…… たしかに安いのかもしれないけれど 商品にたどり着いてレジでお金を払うまでの苦労を思うと もうその安くなった分の労働はしたな!という気分になります。 ここまで大変な思いをして化粧品を買わなくてはいけないのか…… たぶん人が多くて出来ないのだと思うけど 在庫も補充してないことが多くスカスカの棚が目立っていたり

15区のショッピングモール・ボーグルネルで思考停止

  セールってもちろん魅力的なのは間違いないけど あまりのひとごみとその熱気に惑わされなにを買って良いのやら もう分からなくなって、混乱し、チャンスを逃すことがしばしば。 そうしてセール時期を逃しては、しばらくして気がつきます 私、着たきりスズメだって。   本当は私だってパリで着たきりスズメなんて避けたいけれど 意外と気に入った服をずっと着てれば幸せタイプだから しばらくは気にならなかったりして だから日本人パーティーに参加しては まっさらな服やアクセサリーでキラキラの日本人女性たちにハッとして 急に買い物をしたりするの、こんなセール外の時期に!  

パリ植物園・中に入れる楽しい桜でフランスの春

  今週のパリの陽気な天気の紫外線のアレときたら もう本当におそろしくて外に出られないほど ……と言ってももちろん出ないわけにはいかないし それに春だもの、こんな私だって桜だけは見に行きたい。 パリの植物園(le Jardin des Plantes de Paris)へ バイオレンスでバイオレットな紫外線の降り注ぐ中 とても有名な桜を見に出かけました。 場所はこのミントティーも飲めるモスクのすぐ向かいです。

シャネルより乾燥注意報&麗し香水ガーデニア

  買い物のとき日本人らしく少数点以下の小銭をキッチリ払うのが大好きな私ですが、フランスでは苦笑いされることも多々あり。 そんなほろ苦いスーパーマーケットライフに終止符を打つように、近所に新しく出来たスーパーで働く親切な兄さんはわざわざ 「細かいお金、ありませんか?」 と訊いてくれて、小銭かき集める間もにこやかに待っていてくれる。 なんて優しいの!ありがとう、兄さんに幸あれ! と思っていたらこの間また 「細かいお金、ありませんか?」 と訊いてくれた会計は2.99ユーロ…… 299円、と置き換えて考えてくださると共感を得られると思いますが、私、必死で財布をかき回しました! かき回したけどそこまでの小銭王にはなりきれませんでしたよ! 期待に答えられなくてごめんなさい!   そんなことに日々頭を悩ませている私が足を踏み入れることなんてあまり考えられない、Faubourg

旧正月のベルヴィルで買い出し&不思議な中国菓子

  先週の木曜の朝、知り合いの中国人の女の子に会い 「おはよう!昨日お祝いした?」 と訊かれてハテなんのこと?と首を傾げたら その子がちょっと寂しげな表情をして、気がついたのです 前日が旧正月の元旦だったんだって。 いや、日本はお祝いしないのよ、と言う前に彼女は去ってしまい そういえば昨日はやけに夕食の誘いがあったな 用事があって断ったけど、「なんで断るの?」的雰囲気があったな 全員アジア人だったのはそういうわけだったのかと思いつき 結構な確率で日本も旧正月を祝うと思われている とあらためて知ることになりました。 この誤解は解いておかないと非文化的な人間と思われるかな……  

パリの有名パン屋で感動する・ふわり香るパンデザミ

  ある友人と会うたびRépublique リュピュブリック界隈から サンマルタン運河の方へ歩いていくことがよくあり 友人はそのたびに必ずといっていいほど 「あ!この辺にすごくおいしくて有名なパン屋があるの! 知ってる?えーとどこだっけなー……たしかこの道…… ええと、どこだっけな……」 と私に伝えようと頑張ってくれるために、基本的には 米派の私であってもさすがにそのパンには 興味を持たずにはおられなかった ……と、いうのが私がその日わざわざ早起きしてメトロを乗り継ぎ 朝食を求めてそのパン屋へ飛び込んでいった理由です。 超有名パン屋、Du

皆大好きアウトレット!パリ郊外へ夜のお出掛け

  今年の冬のセールは必要なものだけサッと買ってしまい 狙いを定めて初日に駆け込んだり、街を駆け回ったり そういうセールの醍醐味というか、楽しみが一切なく 「ソルドでこれ買っちゃった!!嬉しい!!」 という弾むような気持ちもなくて少し淋しい。   これはもしかすると私の欲望の衰退なのかもしれない。 最近までこちらで、日本ではアリーmy loveというタイトルで 人気だったアメリカの90年代(たぶん)のドラマを再放送していて おそらくここで一気にブレイクしたのであろうルーシー・リュー演じる リン・ウーという強烈キャラクターがこのような名言を残しています。 「この世で尽きない喜びなんてただひとつだけよ、”ショッピング”」

適当レシピ・なぜパリには杏仁豆腐がない?

  パリでフレンチよりも圧倒的に中華に通い詰めている私ですが なぜだかデザートで杏仁豆腐を一度も見たことがありません。 そもそもデザートメニュー自体を置いてない中華も多いですが あったとしても胡麻餡の入った白玉とか、無難なアイスとか。   まさか杏仁豆腐というのは日本人の想像上の中華デザートだったのか とまで思ったものですが、良く考えたらドイツに行った際 香港人たちに連れられて中華(回るテーブルの)を食べに行き 「君は日本人だからアンニンドウフ食べたいよね?」 と杏仁豆腐を注文してくれ、自分たちはマンゴープリンを食べていました。 杏仁豆腐=日本人好み マンゴープリン=現地人好み なのかと思ったものですが、どちらも日本で人気の二大中華デザートです。

インフルエンザとおいしいパン屋のWフェーブ

  年末からなんだか身体が崩壊していく音が聞こえ ……るような気がするほどの疲労を感じ、ああ、これはまさか 年始年末になると必ずやってるアレ?まさかアレ? と半信半疑でいたら、ほんとうにちゃんとやってきました インフルエンザ。 なぜか毎年クリスマスあたりから正月過ぎたくらいまでに 一度は罹ってしまうので、厄落としなのだと思うことにしてます。 しかし今年はまさかと思って、友人と呑気にお茶をしたり 何時間も話しこんだりしていたらしていたら 油断につけ込まれたかたちで年明けから倒れ込みました。   私は普段まったくと言っていいほど病気をしないので 今回熱が40度近く出てるのを確認したときは

光輝くデパートたち・2014パリのクリスマス装飾

  今年のクリスマスディナーが大量の餃子だったこと たらふく食べつくしてなんの後悔もしてないこと 見栄を張らず、ここに正直に記しておきたいと思います。 焼きもスープも食べました。 そのかわりにピエール・エルメのマカロンでおしゃれ感得ようとして オペラ店に寄り、けっこうな行列が出来ていたので並んでみると ピエールの善意で(たぶん)おいしいチョコレートが配られました。   チョコレートにあまり関心がなく、しかもジャムの入ったようなのは嫌い そんな私でもちょっと一瞬目を見開くようなおいしいチョコレートでした。 ありがとう、ピエール。 ちなみにクリスマスは砂糖解禁でした。しかたがあるまい。  

ラスパイユのビオマルシェ・青汁飲んで超美肌

  今週寝不足だったから肌の調子がちょっと悪い気がする…… などと思った日曜日には、どうか助けてくださいと駆け込む ラスパイユのビオマルシェMarche Biologique Raspail。   ただでさえ、日曜はほとんどお店が空いてないものだから うっかり「あ、冷蔵庫が空!」となったら高確率で朝市で購入します。 野菜中心の買い物になるから、日曜は健康な食事になりがち。 それがラスパイユならさらにオーガニック市だから、安心感が増します。   初めてきたときはこの朝市のプロとも言える方に案内してもらい おすすめしてもらったそのどれもが気に入りリピートしています。

緊急!パリでダニに噛まれたらやるべきこと5つ

  日焼けもあまりせず、2014年の夏を無事に乗り切った、と思っていたら9月も下旬になって大変なことに……   ダニに!噛まれてる!七箇所も!ラッキーセブン!   そういえばここのところ、短かった夏を取り戻すように強い日差しが戻ってきていて、しかも私の部屋はたぶん他の部屋に比べて湿気が多かった気がする…… 台所の位置のせいか、スープなど作るとその蒸気がしばらく逃げていかないで、こもっているのです。 肌には良いことだけどダニが活発になること忘れてた。   ダニは痕がなかなか消えないのに七箇所も…… 泣きそう。 とにかくすぐに対処しなければいけない。   ダニは人間が住む環境ならいなくなることはないそうですが、高温多湿で、埃などのダニの餌があると増えに増えてしまいます。

パリでウォーキング+自由の女神の側で筋トレ

  美容には適度な運動が必須、とわかっていながらも 筋トレだけで終わってしまうこともしばしば。 家でひょいと出来るから…… でもアレですよね、有酸素運動と無酸素運動と 両方しなきゃいけなかったんですよね、たしか……   水泳は楽しいけどプールに行って着替えてシャワー浴びてと なかなかに面倒だし、朝走ったりするのも憧れるけど マラソンですぐ横腹痛くなってた思い出が邪魔をして 踏み出すことが出来ない……となると残るはウォーキング。   歩くのは好きだしどんな格好してても出来るしお手軽この上なし。 個人的に、パリは夜の散歩で一番その魅力を味わえると思う。

わくわく夏の思い出と反省・秋に向けてしっとり

    もうすっかり秋ですねという雰囲気に満ちているパリ。 私はもう羽毛布団を出して毎日凍えています! 日本へ電話をかけ、 「まだクーラーつけてるし暑くて暑くてたまらない」 と聞くとなんだか信じられない、まるでファンタジー。 紫外線問題から開放されて良いじゃない……となりそうですが なぜか日差しだけは強い。こんなに寒いのに。   2014年のパリの夏は、個人な体感では3週間……くらい。 今年の夏はなにか夏らしきことをしたかな…… と、夏の思い出を振り返りつつ秋の冷えに備え、ついでに反省もしたい。 あんまり夏っぽいこと出来なかったので、せめて書き記したい。

パリの美しい本屋・シェイクスピア&カンパニイ

  もし私が長い人生の内で一日しかパリに滞在できないとしたら 必ずこの美しい本屋に立ち寄るでしょう。 シェイクスピア・アンド・カンパニー。 この書店の美しさは表層的なものではなく今日に至るまでの歴史と シルヴィア・ビーチの文学への淀みない愛によるものです。   シルヴィア・ビーチがパリに住むアメリカ人作家を支援するため この英文書専門の書店を開いたのは1919年のことです。 1921年には場所を移してしまい、そして第2次世界大戦中 1941年に閉店を余儀なくされました。 シルヴィア・ビーチは作家志望の若者を支援し 貸出文庫も用意しました(現在は閲覧のみの図書館が併設)。 常連にはそうそうたる顔ぶれ、フィッツジェラルド、スタイン