オイル Archive

砂時計ボディはオイルでつくる!脂肪をつける場所をコントロール

突然ですがくびれって、女の夢であり、希望ですよね。キュッとくの字に締まった飛ぶ鳥を落とす勢いのあるウエスト。

酸化しない!ココナッツオイルを愛用すべき理由

  日本で今バターが不足しているということを数日前に知り、バターが不足するなんてことが永遠に起こりそうにないフランスで、じゃあ私はバター三昧よろしくやっているのかと言えばまったくそんなことはなく、今私の関心は流行りの(と思っている)ココナッツオイルにあります。   ◆ミランダ・カーが火付け役!甘い香りのオイル   あの可愛いミランダ・カーが夢中だというココナッツオイル。 甘い香りでバターの代わりに使うと良いと聞いたので、さっそくオーガニックスーパーで手に入れてきました。 なんだかパッケージも可愛い…… バターがおいしいことはもちろん知っているのだけど、それでもバターの代わりになるものをずっと探していました。   というのも、エシレのような一級品ともなればわかりませんが、バターがたっぷりぬってあるサンドウィッチやクロワッサンや、バター炒めや、とにかくバターがたっぷり使ってあるのものを食べるときにうっかり口のまわりにバターがついてしまうと、たとえ少量でも口のまわりが一日中アニマルっぽいというか、イヤーなにおいがして、洗っても意外に取れないしで、不快感がずっと続くなあと思っていたのです。 それにこんなにイヤなにおいがするということはもしかしてバターを食べ続けることは体臭に響くんじゃ…… という不安も湧きでてきました。 「バタ臭い」って言い方があるくらいだし……

ダイエットに乾燥肌に《飲む美容液》美人に必要なオイルまとめ

  良い油を選んで摂取することが、美容のために大事なことは重々承知しているけれど、結局のところ亜麻仁油(フラックスオイル)が良い、ということだけを頭に留めていて、その他の美容に良い油と悪い油や割合などがいまいち覚えられずに混乱するため、ひとつここで自分が忘れないために備忘録としてまとめておこうと思います。   まず油は 「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」 に分けられます。   ◆太りやすいけど少しは必要な飽和脂肪酸   「飽和脂肪酸」は身体の中で固まりやすく、中性脂肪や悪玉コレストロールを増やし、生活習慣病になりやすい油です。 要は太りやすく悪い油です。 しかし、まったく摂らないとエネルギーが不足し、血管がもろくなったりするため少しは必要です。 ただ現代の我々の生活では不足することはまずありません。 これはだいたい動物性のものに含まれます。

スプーン一杯で超美肌!亜麻仁油の劇的効果

  フランスでは和食が食べられなくていろいろ心配だの なんだの言ったけれどアーモンドと同じように 日本より良い面も当然あり、その筆頭と言える事柄は 「亜麻仁油が安い」ということ。   日本でもずっと摂取し続けていたのですが、なんとなく 日常的に使うものというよりは美容健康マニアの御用達的な 代物扱いであるためか高いし、置いてる店も限られる。 最近ではわりと定番化しつつあると思いますが 欧州の方が手に入り易く、値段も安いと思います。 オーガニックスーパーに行けばだいたいどこでも売っていて 値段は250mlで6ユーロちょっと。 もう、使いたい放題!