行事向きでない女は7月14日を楽しめるのか

                            

にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ

 

昨夜のワールドカップ決勝はカフェのTV前で大騒ぎする人々を尻目に

いそいそと家に帰りアルゼンチン人の友人にそっと慰めメールを送るのみという

それもこれもまず私がサッカーというものをまるで理解していないから

ルールでもせめて知っていれば叫びどころもわかると言うものだけど

しかしそうは言っても四年に一度という希少価値の大会だから

なんとかその熱狂の端の端の端くらいをほんのちょっと齧りたい

そのようなミーハーな心に導かれスーパーで買ったこちら

IMG_0787

 

……チーズ。

フランスにいるのに本気のチーズが好きじゃない私。

ワインもビールもチーズもダメな私。

ワールドカップが四年に一回だということは

ほんとうは今調べて知った私。

そんな私ですが、このベビーチーズ的な、

子供のおやつ的立ち位置のチーズは好き。

あまり人様には言えないけれど

この手のチーズ食べてすぐ牛乳飲むのが好き。

不思議な甘さがあるんですよ……

それにチーズはほとんど血糖値が上がらないので

砂糖断ちのおやつにも良い。

 

なんともいえない可愛さでつい買ってしまった一品です。

チーズを入れるらしきケースが付いてたので

そうかこれはバナナケースみたいなやつだなと入れてみると

IMG_0794

入らない……?

変わりに長靴が出てきて私の頭の中は?マークでいっぱいに。

 

IMG_0791

 

仕方がないのでおとなしく説明書を読むことに。

どうやら長靴(サッカーシューズ)に贔屓の国の旗シールを張り

靴を指にはめてチーズをボール代わりに指サッカーを楽しむ

というもの。

つまりこのワールドカップ記念チーズをもうひとつ購入して

もう成人した大人が、やはり向こうも成人した友人の一人に

どうか相手をしていただくよう平に頼み込まねば

この指サッカーできないなあ、と1、5秒間の考え

あまりに果てしないのでゴミ箱ゆきとあいなりました。

IMG_0795

チーズはおいしくいただきました。

ベビーチーズよりふわっとしている。

 

……私のワールドカップはこのようにして幕を閉じたわけです。

 

等と言っておるとすぐ翌日が7月14日の革命記念日。

パレード、とか、騎馬隊、とか、行進とか

もう人酔いするのわかってるから

面倒くさい気持ちが圧倒的に勝って

逃げるように軽いホームパーティーに参加。

よかったそれでもちょっとはイベントに参加できて……

 

そしてこちらは窓からトリコロールの煙を吐くべく舞う飛行機。

10420297_10152327821433897_5405396801835853954_n

 

……が、トリコロールはうまく取れなかった模様。

いいじゃない、飛行機だけでも、私は満足です。

 

さらに夜になり、エッフェル塔で素晴らしい花火を見ることに。

その前に素晴らしい歌等を

エッフェル塔下のステージで披露されていたようですが

とてもそんなの見えるわけはありません。

場所取りする気概のある者たちにのみ許されるステージです。

花火さえ見られれば私は満足。

昔からなぜか花火だけは見逃したくない。

IMG_0965

 

いつものシャンパンタイムのキラキラ+花火という豪華仕立て。

 

IMG_0955

しかし私の撮り方のせいだと思いますが

「なにこれ?エッフェルすごいことになってるけど大丈夫?」

という言葉しか出てこない写真に。

 

わりと興奮して見ていると

ものすごい高身長カップルが我々の目の前に割り込み

そのすぐ後ろにいた背の低い黒人女性から激しいブーイングが!

男性は肩身が狭そうに逃げてゆき、女性に手招きしていましたが

女性のほうは断固として動かず。

そして

そんなことは些細なことさ、どうでもいいじゃないか

とでも言うように、花火とともに流れ始めた

ジョン・レノンのイマジンを女性たちは大声で歌い始める。

さっきまでプンプンしていた二人の女性……ジョンはすごいな……

 

メトロの入り口がいくつか封鎖されていたのもあり、帰りは

メトロの中に入ることさえ困難に。

IMG_0974

これも花火というイベントに含まれているんだよね

この地獄のような帰り道というものも。

行事があるとどうしていいかわからなくなる女にしては

努力賞と言っていい日でした。



にほんブログ村 美容ブログ 美意識(美容)へ